ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け!muragon(ムラゴン)、にほんブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う!

運営サイト: muragon(ムラゴン)にほんブログ村イエツクスポリートムラウチドットコム 決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

尾瀬国立公園インフォメーションマップと尾瀬檜枝岐温泉からのトレッキングガイド

尾瀬国立公園インフォメーションマップ(環境省) - Oze national park Information map / Ministry of the Environment

環境省の尾瀬国立公園インフォメーションマップ
OZE NATIONAL PARK - Oze national park Information map / Ministry of the Environment




2014年 5月12日(月) 檜枝岐歌舞伎をナマ鑑賞 - No.1



2014年 5月12日(月) 檜枝岐歌舞伎 - No.2



2014年 5月12日(月) 檜枝岐歌舞伎 - No.3



"生者と死者の共存" 福島県檜枝岐村 村里歩き



3年前の平成26年(2014年)5月に福島県の檜枝岐(ひのえまた)に檜枝岐歌舞伎を見に行ったとき、尾瀬関連のいろいろなパンフレットやリーフレットをもらっておきました。その後、3年間、置きっ放しになっていたこれらの印刷物を、最近よく眺めています。



なぜ眺めているかというと?


尾瀬ハイクです。
そうです今年、尾瀬をハイキングしたいからです!
※本当は尾瀬の風景写真を撮ってブログを書きたいからです(笑)



「尾瀬国立公園インフォメーションマップ」は、文字通り片面が全面的に尾瀬の地図になっています。小さく折りたためるので尾瀬ハイクの際には 100%携帯するつもりです。尾瀬の自然や尾瀬の風景も必要最小限のものが載っているので気分も盛り上がります。




尾瀬国立公園 尾瀬檜枝岐温泉 / Oze Hinoemata onsen のパンフレット

尾瀬国立公園 尾瀬檜枝岐温泉 / Oze Hinoemata onsen


「尾瀬国立公園 尾瀬檜枝岐温泉」は檜枝岐温泉(ひのえまたおんせん)の PR冊子です。檜枝岐は檜枝岐歌舞伎を見に行くだけではなく、"尾瀬の入り口"の沼山峠口や御池口に近い前泊地(宿泊地)でもあるのです。東北一の高さを誇る日本百名山の燧ヶ岳(ひうちがたけ)への登山にも使える宿泊地なのです。


この冊子にも、尾瀬の四季や名山、名瀑が載っていて、パラパラ眺めているだけでも楽しい気分になってきます。檜枝岐温泉に宿泊して、福島県側から尾瀬に入る方にはこのパンフレットは有用なはずです。
※前述のように僕は檜枝岐歌舞伎を観るために檜枝岐温泉に泊まり、檜枝岐村を散策したことがありますが、この村をめぐるだけの旅でも十分楽しいと思います。
"生者と死者が共存する村" 檜枝岐村の村里歩きも楽しんでください♪♪



ミズバショウが群生する尾瀬ヶ原の木道(もくどう)と燧ヶ岳(ひうちがたけ)

ミズバショウが群生する尾瀬ヶ原の木道(もくどう)と燧ヶ岳(ひうちがたけ)


ああ、こんな木道に沿って歩き、尾瀬の湿原や川、沼、池塘(ちとう)をバチバチ写真で撮ったり、その場に佇(たたず)んでゆっくり愛でたいよ~☆


尾瀬檜枝岐温泉観光協会

尾瀬檜枝岐温泉観光協会


尾瀬のガイドブック

尾瀬ブック2009と一緒に読みました。



尾瀬檜枝岐温泉からのトレッキングガイド - 会津駒ヶ岳から燧ヶ岳を望む

尾瀬檜枝岐温泉からのトレッキングガイド



尾瀬檜枝岐温泉からのトレッキングガイド | ActiBook


「尾瀬檜枝岐温泉からのトレッキングガイド」は尾瀬檜枝岐温泉観光協会が無料配布しているパンフレットです。会津駒ヶ岳、燧ヶ岳、至仏山、平ヶ岳、帝釈山・田代山・台倉高山など檜枝岐温泉から登れる山のトレッキングガイドです。僕は尾瀬の山には登らないのでとりあえず読むだけでした。



福島登山の 7つの心得

福島登山の 7つの心得

福島登山の 7つの心得


このビラ「福島登山の 7つの心得」も、僕は燧ケ岳とか至仏山とか本格的な登山はするつもりがないので、直接関係ありませんが、もし本格的に登山をしようとか思っている方がいたら、これは福島ということではなく、すべての登山に当てはまると思うので参考にしてみて下さい。


あと、これ以外に【リーダーの応急時対策】というのも裏面にあったのですが、ビバーグ(不時露営)する際に、


「濡れた服は着替え、カロリーの高いものを食べ、睡眠をとるなどして体力を温存してください」


と書かれていました。


これ、日常生活に当てはめると、カロリーの高いものを食べて、よく寝れば体力をつけられるということですね!やっぱり、人間は食べて、寝るのが大切なんですね。ひょんなことから、改めて食って寝ることの大切さを思い知らされました。


最後になりますが、このブログを見ているあなた、声に出さなくてもいいのでぜひ尾瀬の人気を飛躍的に高めた名曲「夏の思い出」を心の中で歌ってみてください(^^)/


夏の思い出


夏が来れば 思い出す

はるかな尾瀬 遠い空

霧の中に 浮かびくる

やさしい影 野の小路

ミズバショウの花が 咲いている

夢みて咲いている 水のほとり

しゃくなげ色にたそがれる

はるかな尾瀬 遠い空 ♪


夏が来れば 思い出す

はるかな尾瀬 野の旅よ

花の中に そよそよと

ゆれゆれる 浮き島よ

ミズバショウの花が 匂っている

夢みて匂っている 水のほとり

まなこつぶれば なつかしい

はるかな尾瀬 遠い空 ♪ ♪




別冊山と渓谷「尾瀬ブック」で "自然の宝石箱" 尾瀬の歩き方、代表的なコースを研究



▼あわせて読みたい関連記事


釧路湿原のフキノトウ

釧路湿原の黄緑色のフキノトウ


長万部・静狩湿原

長万部(おしゃまんべ )の静狩湿原


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。