ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) inkrich(インクリッチ) にほんブログ村 ムラウチドットコム  決意54才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

大経!これぞ阿弥陀仏の物語!「無量寿経」阿満利麿。浄土仏教の最重要経典を味読しました

仏説無量寿経の法蔵菩薩!すべての人間を救わんとする法然上人や親鸞聖人の教えはここから生まれました。

「無量寿経」注解: 阿満利麿 ちくま学芸文庫
令和3年(2021年) 5月16日 村内伸弘撮影



阿弥陀仏の名を称えるだけで、だれでも浄土(安楽)に生まれることができる―。法然や親鸞がその解釈に骨身を砕き、長く日本人に親しまれてきた浄土仏教の最重要経典。煩悩に縛られ、悪行をやめられぬまま、混迷を極めた世の中を生きるごく普通の人々。そうした凡夫を救うために四十八の誓願をたてた法蔵菩薩は、想像を絶する修行を経て阿弥陀仏となり、誓願のすべてを実現する。この阿弥陀仏の物語を、釈迦はいまだ悟りに到達できない阿難に向けて説く。全文の漢訳と読み下し、さらに懇切丁寧に施された解説により、万人のための宗教というその核心が鮮やかに立ち現れる。文庫オリジナル。



観無量寿経(観経)、浄土経と並ぶ浄土三部経の一つ「無量寿経(むりょうじゅきょう)」を読みました。無量寿経は大乗仏教の経典で、法然上人や親鸞聖人の教えを生みだした経典です。


阿満利麿さん注解のこの本は漢文(原文)と読み下し文が併記されていて、わかりやすい解説がなされていて、とても読みやすく、わかりやすかったです。


お経なので載っているのはすべてお釈迦さまが説いた言葉の数々。そして、この本は「阿弥陀さまの物語」なのです。



観経を読んだ時もそう思ったんですが、お経って古くさくって、意味なんか全然なくってって思ってましたが、一語一語にすべて重く深い意味があって、人間とか世の中について逐一考えさせられます。


法蔵(=仏になる前の阿弥陀さま)が悲願を実現していくストーリーは、読み進めるとドキドキワクワクしてきます。親鸞聖人の「正信偈(しょうしんげ)」の依経段にシンプルに記されている法蔵菩薩のストーリーをより具体的に、より噛み砕いて知ることができて素晴らしかったです。これは活劇なんじゃないかって感じてしまうほどの爽快感でした!



無量寿経の全文を掲載している本なので法蔵が発した四十八願(阿弥陀さまの願い)の内容がすべて解説付で読めたのも嬉しいです!成就文まで詳しく載っていて最高です!


法然上人が選択本願と言った「第十八願」と善導が、法然が、親鸞が、それぞれ格闘している様は壮絶でした。「すべての人間を救う」という悲願に向けて法蔵が、ブッダが、善導が、法然が、親鸞がおのおの全身全霊を注ぎ込む様子は感動的でした!


あと観経でも住立空中尊というシーンがありましたが、この無量寿経の中でも
阿弥陀仏が大光明を放って現われ、一切のものが黄金色に染まったシーンも凄まじかったです。

この語を説き已りて、すなわちの時に無量寿仏、大光明を放ちて普く一切諸仏の世界を照らしたまう。金剛囲山、須弥山王、大小の諸山、一切所有みな同じく一色なり。<中略>一切の光明みなことごとく隠蔽して、唯仏の光の明曜顕赫なるを見たてまつる。



この本後半の四十八願の実現で作られた国「安楽(浄土)」やその国に生まれる方法、その国での活動などの部分は僕のレベルが低くって単語がかなり難しく何度か読まないと理解できない感じだったんですが、四十八願のところまでは一気に読めて本当にエキサイティングでした!



無量寿経は浄土仏教の最重要経典です。これからも座右に置いて、ちょっどつづでも味読し続けます。


人間とか世の中について興味がある方は、お葬式でお坊さんが唱えるものというお経のイメージを捨てて、この本を手にとってみてください(笑)


無量寿経(むりょうじゅきょう)
僕の字です


阿満利麿さんの著書は法然上人の本「選択本願念仏集 法然の教え(角川ソフィア文庫)」に続いて 2冊目ですが、知識が深く、説得力があり、知的好奇心を刺激されます。


自宅で読んだ時はカバーをハズして読みました。

この方が手になじみます。


筑摩書房のロゴマーク
青空をはばたく鷹をデザインしたマーク。創業を記念して昭和15年に制作されたそうで、作者は青山二郎。


筑摩書房さんは本当にいい本を出版しています。
昔から大好きな出版社で、単にいい本というよりも座右の書が見つかる出版社さんです。素晴らしいです!!


PS
「観無量寿経」とか「選択本願念仏集」とか「正信偈」とか、昨年10月におばあちゃんが亡くなってから買った本がだいぶ集まったので、しばらくは新しい本を買うのではなくこの「無量寿経」含めこれらの本を再読していこうと思っています。



▼あわせて読みたい関連記事

劇的な観経!詩人・作家 佐藤春夫の「観無量寿経」が突き抜けている!

劇的な観経!詩人・作家 佐藤春夫の「観無量寿経」が突き抜けている!


法然上人の本!「選択本願念仏集 法然の教え」 阿満利麿 訳・解説 角川ソフィア文庫

法然上人の本!「選択本願念仏集 法然の教え」 阿満利麿 訳・解説 角川ソフィア文庫


正信偈の名著!私の正信偈 -永遠のすくい- 藤 正導著 永田文昌堂刊

正信偈の名著!私の正信偈 -永遠のすくい- 藤 正導著 永田文昌堂刊


「正法眼蔵随聞記」で僕の読書遍歴も終わる...

「正法眼蔵随聞記」で僕の読書遍歴も終わる...


親鸞聖人・正信偈(親鸞聖人・正信偈ブログ)の一覧

【親鸞聖人・正信偈 決定版!】おすすめ親鸞聖人・正信偈ブログ記事一覧 親鸞聖人・正信偈の写真たくさん有♪♪


宗教・思想ブログの一覧

【宗教・思想 決定版!】おすすめ宗教・思想ブログ記事一覧 仏教やキリスト教の情報たくさん有♪♪


書評ブログの一覧

【本 決定版!】おすすめ本ブログ記事一覧 読んだ本の書評たくさん有♪♪


×

非ログインユーザーとして返信する