ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 スポリート ムラウチドットコム  決意50才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

箱根彫刻の森美術館 ピカソ館で、パブロ・ピカソの名言と出会った。

ピカソの名言に戦慄!野外彫刻や幸せをよぶシンフォニー彫刻もたくさ~ん!

箱根彫刻の森美術館 ピカソ館

箱根彫刻の森美術館 ピカソ館



箱根登山鉄道 箱根湯本駅

箱根登山鉄道 箱根湯本駅


箱根登山鉄道 路線図

彫刻の森駅へ


箱根登山鉄道 時刻表

特急ロマンスカー - 小田急電鉄

特急ロマンスカー - 小田急電鉄
箱根湯本駅に停まっていました


特急ロマンスカー

箱根登山鉄道

箱根登山鉄道

箱根登山鉄道

箱根登山鉄道

タイ人観光客など、箱根登山電車の中は外国人観光客でいっぱい!


箱根登山鉄道

車窓


箱根登山鉄道の車窓

上大平台信号場

登山電車は急勾配を登るため 3ヶ所でスイッチバックを行います。
ここで電車の進行方向が変わります。


箱根登山電車 路線図

彫刻の森駅

彫刻の森駅到着


彫刻の森駅

彫刻の森駅

強羅行き箱根登山電車

彫刻の森駅

彫刻の森駅

彫刻の森駅

箱根彫刻の森美術館まで彫刻の森駅から徒歩1分

箱根彫刻の森美術館まで彫刻の森駅からはたった徒歩1分



箱根登山電車の線路


箱根 彫刻の森美術館

彫刻の森美術館

彫刻の森美術館到着~


彫刻の森美術館

彫刻の森美術館の池

彫刻の森美術館の池

彫刻の森美術館の池

彫刻の森美術館 入口

彫刻の森美術館 入場券とガイドマップ

岡本太郎「樹人」- 箱根彫刻の森美術館

芸術は爆発だ!! いきなり岡本太郎の「樹人」がお出迎え!


「人とペガサス」カール・ミレス - 箱根彫刻の森美術館

(中央)「人とペガサス」カール・ミレス


「弓を引くヘラクレス」エミール=アントワーヌ・ブールデル - 箱根彫刻の森美術館

お掃除中 「弓を引くヘラクレス」エミール=アントワーヌ・ブールデル


「眩驚ー V」土田隆生 - 箱根彫刻の森美術館

「眩驚ー V」土田隆生


箱根彫刻の森美術館の園内

「力、勝利、自由、雄弁」の「勝利」 エミール=アントワーヌ・ブールデル - 箱根彫刻の森美術館

「力、勝利、自由、雄弁」の「勝利」 エミール=アントワーヌ・ブールデル


「力、勝利、自由、雄弁」の「雄弁」 エミール=アントワーヌ・ブールデル - 箱根彫刻の森美術館

「力、勝利、自由、雄弁」の「雄弁」 エミール=アントワーヌ・ブールデル


「力、勝利、自由、雄弁」の「雄弁」 エミール=アントワーヌ・ブールデル - 箱根彫刻の森美術館

「力、勝利、自由、雄弁」エミール=アントワーヌ・ブールデル


「力、勝利、自由、雄弁」エミール=アントワーヌ・ブールデル - 箱根彫刻の森美術館

「力、勝利、自由、雄弁」エミール=アントワーヌ・ブールデル


左から力、勝利、自由、雄弁の順番です


「大きな手」ライナー・クリスター - 箱根彫刻の森美術館

「大きな手」ライナー・クリスター


箱根彫刻の森美術館の屋外展示

うらやましすぎる!(笑)


箱根彫刻の森美術館の屋外展示

ふくよか~


 - 彫刻の森美術館

「山野を歩くヴァン・ゴッホ」オシップ・ザツキン - 箱根彫刻の森美術館

オシップ・ザツキン「山野を歩くヴァン・ゴッホ」 1956 ブロンズ像


「山野を歩くヴァン・ゴッホ」オシップ・ザツキン



箱根彫刻の森美術館 ピカソ館

箱根彫刻の森美術館 ピカソ館

いよいよピカソ館到着!!


箱根彫刻の森美術館 ピカソ館

箱根彫刻の森美術館 ピカソ館

かっこいい~♪


箱根彫刻の森美術館のピカソ館の前のオブジェ

絶対、コレ生きてる。躍動してる!!


ピカソ館

人々が自伝を書くところを、私は絵を描く。完成作でも、未完成でもそれは私の日記なのだ。


パブロ・ピカソ

私の考えでは、絵画において探求することなど何の役にも立たない。発見すること、それが大切なのだ。


パブロ・ピカソ

愛こそは価値ある唯一のものである。


パブロ・ピカソ



箱根彫刻の森美術館

箱根彫刻の森美術館

箱根彫刻の森美術館

箱根彫刻の森美術館の芸術的なベンチ



幸せをよぶシンフォニー彫刻

「幸せをよぶシンフォニー彫刻(幸せを呼ぶシンフォニーの塔)」ガブリエル・ロアール - 箱根彫刻の森美術館

「幸せをよぶシンフォニー彫刻(幸せを呼ぶシンフォニーの塔)」ガブリエル・ロアール


幸せをよぶシンフォニー彫刻

幸せを呼ぶシンフォニーの塔

幸せを呼ぶシンフォニー彫刻

幸せをよぶシンフォニーの塔

幸せをよぶシンフォニー彫刻(幸せを呼ぶシンフォニーの塔)

彫刻の森美術館近くの風景

幸せをよぶシンフォニーの塔からの景色


彫刻の森美術館から見た空

彫刻の森美術館から見た冬の空

幸せをよぶシンフォニーの塔から見た冬の箱根の空


「横たわる像:アングル」 ヘンリームーア

塔の上から見えた「横たわる像:アングル」 ヘンリームーア


ガブリエル・ロアールの塔

ガブリエル・ロアールが全面にステンドグラスをはめ込んだ 18mの塔


ガブリエル・ロアールの作品

ガブリエル・ロアールの芸術作品

幸せをよぶシンフォニーの塔の外観

幸せをよぶシンフォニーの塔の外観



「横たわる像:アングル」 ヘンリームーア - 箱根彫刻の森美術館

「横たわる像:アングル」 ヘンリームーア


温泉足湯「ほっとふっと」

温泉足湯「ほっとふっと」


「ファミリー・グループ」ヘンリー・ムーア - 箱根彫刻の森美術館

「ファミリー・グループ」ヘンリー・ムーア  1948‐49 ブロンズ像


箱根彫刻の森美術館

箱根彫刻の森美術館の柿の木

柿の木こそが天然の芸術です!


箱根彫刻の森美術館のカキ

「ミス・ブラック・パワー」ニキ・ド・サンファル  - 箱根彫刻の森美術館

巨大な 5mの女性像は「ミス・ブラック・パワー」ニキ・ド・サンファル  1968


「ミス・ブラック・パワー」ニキ・ド・サンファル  - 箱根彫刻の森美術館

「ミス・ブラック・パワー」ニキ・ド・サンファル  - 箱根彫刻の森美術館

「ミス・ブラック・パワー」ニキ・ド・サンファル  - 箱根彫刻の森美術館

「神の手」カール・ミレス - 箱根彫刻の森美術館

「神の手」カール・ミレス - 箱根彫刻の森美術館

「神の手」カール・ミレス  我ながらうまく撮れました ^^



「神の手」カール・ミレス - 箱根彫刻の森美術館

うぉーーっ

「交叉する空間構造」後藤良二

「交叉する空間構造」後藤良二 と タイガージェット・シン!w


「球形のテーマ」ナウム・ガボ

(右)「球形のテーマ」ナウム・ガボ


箱根彫刻の森美術館

箱根彫刻の森美術館

いいお顔です


彫刻の森

さようなら、彫刻の森。



箱根彫刻の森美術館のお土産

お土産はブックマーク
左: フェルメールの「真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)」と
右: フィンセント・ファン・ゴッホ「夜のカフェテラス」


箱根彫刻の森美術館のお土産


強羅(ごうら)駅

彫刻の森からバスに乗って数分、強羅(ごうら)駅に到着


強羅(ごうら)駅

強羅駅

箱根登山鉄道 モハ1形の模型

箱根登山鉄道 モハ1形の模型


箱根登山電車 箱根登山ケーブルカー

箱根登山電車 箱根登山ケーブルカー


箱根登山電車 箱根登山ケーブルカー

次来たときに乗りたいです~


箱根湯本駅

箱根湯本駅に戻ってきました


小田原城

車窓: 小田原城


小田原駅

小田原駅


まかない丼

まかない丼

まかない丼


まかない丼



先日、取引銀行さんの忘年会で箱根湯本へ行き、
箱根彫刻の森美術館にも寄りました。


彫刻の森美術館といえば、
なんといってもピカソでしょ!パブロ・ピカソ!!


箱根湯本から箱根登山電車に乗って、
彫刻の森駅で降りてすぐでした。
良く晴れていたので園内を気持ち良く歩きました。


ピカソ館に到着、
ピカソの彫刻や陶器、絵などを間近で見ましたが
もの凄い迫力でした。
「画家とモデル」という絵のグリーンが
鮮烈すぎて、しばらくその色を見とれてしまいました。


そして、闘牛のお皿のところに書いてあった
ピカソの言葉を見て、僕は血の気が引きました。。。


一つのものを仕上げるとは、それを終えること、

それを破壊すること、それからその魂を奪い去ること、

闘牛場の牛みたいにそれに「とどめ」を刺すということだ。


パブロ・ピカソ



▼English(英文)
The other day, I enjoyed in Hakone Yumoto by taking part in
our bank's year-end dinner party and then went to
the Hakone Open-Air Museum.


Speaking of the Hakone Open-Air Museum, when all is said
Picasso is all. He is Pablo Picasso!


I went there to ride Hakone Tozan train from Hakone Yumoto
station. The musium was quite near Choukokunomori station.
As it was clear sky, I walked in the garden comfortably.


After arriving Picasso musium, I watched his sculptures, potteries,
pictures and so forth. I felt those works are bloody aggressive.
Especialy, the green color of his work "Painter and model" is
too vivid, therefore I continued to see the masterpiece in front
of it.


In addition, in front of a plate whose character is bullfighting,
I read his word and made my blood run cold.


To finish one certain thing is to complete it, to destroy it and kill
its soul. Furthermore it's also to give it a finishing stroke like
doing a bull in a bullring.

By  Pablo Picasso




箱根湯本(ロマンスカー、紅葉、ハンバーグ定食、温泉、宴会、お酒などなど)



春の熱海: 湘南カラーの JR東海道線、相模湾 etc



春の熱海: 早咲き桜(あたみ桜)、貫一お宮の像、お宮の松 etc



春の熱海: 熱海七湯めぐり、大湯間歇泉、厚揚げ etc



樹齢2000年!パワースポット熱海・来宮神社の大楠(大樟)



真鶴半島ドライブ パワースポット・真鶴岬の三ツ石(笠島)へ



ぶっ壊せ! 破壊せよ! 解体工事


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。