ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け!muragon(ムラゴン)、にほんブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う!

運営サイト: muragon(ムラゴン)にほんブログ村イエツクスポリートムラウチドットコム 決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

あゝ上野駅 → 上野公園・西郷どんの銅像 → 大いちょう

上野公園・西郷隆盛銅像

"上野の西郷さん" 西郷隆盛銅像 (高村光雲作)
平成28年/2016年 11月27日 村内伸弘撮影


2018年の NHK大河ドラマの主役 - 西郷(せご)どん

維新三傑の一人!明治維新の立役者・西郷(せご)どん!!
2018年の NHK大河ドラマの主役ですよ~





特別展 「禅 −心をかたちに−」 2016年10月18日(火)〜11月27日(日)東京国立博物館を見に行くため、上野に行きました。行こう、行こうと思ってましたが、結局、何かと忙しく行けたのは最終日でしたw


都営浅草線

都営浅草線、真っ黄色がすばらしいです。黄色大好き~


都営浅草線上野駅の地図

都営浅草線上野駅から歩いて東京国立博物館に向かいます。


JR上野駅

見えてきたのは JR上野駅!
昔、SONYのルートセールスマンをしていたときに、よく来たり、通ったりしてました。


上野駅

上野駅前

上野駅前
もうだいぶ前の話ですが、東京に集団就職してきた"金の卵"たちが最初に降り立ったのがこの上野駅ですよ。高度経済成長を支えたのはこの"金の卵"たちなのです。


石川啄木が「ふるさとの 訛なつかし 停車場の  人ごみの中に そを聴きにゆく」と短歌で詠っているのも上野駅です。停車場=上野駅。


「あゝ上野駅」の歌碑そうです!「あゝ上野駅」なのです!なんと「あゝ上野駅」の歌碑がありました。こんなの昔なかったはずです。


「あゝ上野駅」の歌詞

「あゝ上野駅」の歌詞 作詞 関口義明 作曲 荒井栄一 唄 井沢八郎


就職列車!ってすごい響きですよね。それから、井沢八郎って言ってもわかんないでしょ?工藤夕貴のお父さんです(^^)


「あゝ上野駅」の歌碑の由来

高度成長期の昭和30~40年代、金の卵と呼ばれた若者達が地方から就職列車に乗って上野駅に降り立った。戦後、日本経済大繁栄の原動力となったのがこの集団就職者といっても過言ではない。


親もとを離れ、夢と不安を胸に抱きながら必死に生きていた少年、少女達。彼らを支えた心の応援歌『あゝ上野駅』は、昭和39年(1964年)に発表され多くの人々に感動と勇気を与え、以後も綿々と唄い継がれている。


この歌の心を末長く大切にしたいとの思いから、また、東京台東区の地域活性化・都市再生プログラムの一環として、ゆかりの此の地に『あゝ上野駅』の歌碑を設立するものである。


平成15年(2003年)7月6日

歌碑設立委員会・発起人

総括責任者 深澤 壽一

壽一」は僕の父親とまったくおんなじ名前です (ノ*゚▽゚)ノ


上野駅に降り立つ金の卵(集団就職者たち)

上野駅に降り立つ金の卵(集団就職者たち)
昭和ですね~~



アメ横の入口

アメ横の入口。今日は寄りたいけど、アメ横は寄りません。


上野公園前の托鉢僧

托鉢僧


上野公園の階段

上野公園の階段
この階段も変わりませんね~ なつかしいです!


上野公園の階段の似顔絵屋さん

階段の下の似顔絵屋さん



上野恩賜公園案内図

上野恩賜公園案内図
こうして見ると、上野公園ってすごいスペースですよね!日本の宝です!


昔、ここ上野公園でイラン人たちと一緒に楽しくお花見したことを思い出します!!お花見の場所取りもやったし、本格的なカラオケを持ち込んで大騒ぎして雑誌に載っちゃったこともあったっけw


上野公園の真っ黄色のいちょう

そんな上野公園、今はイチョウが真っ黄色に色づいてます!!


上野公園の西郷隆盛銅像

西郷隆盛銅像を発見!人がいっぱいいます。



西郷(せご)どんの銅像 - 上野公園

お久しぶり~ 西郷(せご)どん


西郷さんの銅像 - 上野公園

20代の頃、鹿児島を旅して、この西郷さんが蘇生した場所や死んだ場所などをぜんぶ見てきました。大偉人だと思ってます。小御所会議での言動とか、西南の役の時の諦観とかとにかく「大西郷」と呼ぶのに相応しい偉人です。


同じく 20代の頃に、勝海舟の「氷川清話」を何度も何度もくりかえし読みましたが、あの勝海舟も西郷さんをべた褒めしてます。江戸城無血開城を現出した英雄 2人のことが知りたい方は「氷川清話」読んでみてください。江戸っ子・海舟の口語体なのですごく読みやすいですヨ。


あの坂本龍馬も西郷どんのことを「小さく叩けば小さく響き、大きく叩けば大きく響く」と称してますヨ。


大西郷の銅像 - 上野公園

大西郷


西郷隆盛像の碑文 - 上野公園

西郷隆盛君之偉功在

人耳目不須復賛述前

年 勅特追贈正三位

 天恩優渥衆莫不感

激故吉井友實輿同志

謀鑄銅像以表追慕之

情 朝旨賜金佽費捐

資賛此擧者二萬五千

餘人明治二十六年起

工至三十年而竣乃建

之上野山王臺記事由

以傅後

興味がある方は読んでみてください。学生の頃に戻って漢文のテストです 笑


西郷隆盛像(左から) - 上野公園

左から


西郷隆盛像(後から) - 上野公園

後から


敬天愛人 西郷隆盛と銅像の由来

敬天愛人 西郷隆盛と銅像の由来


西郷隆盛銅像の由来 - 上野公園

敬天愛人

西郷隆盛と銅像の由来


西郷隆盛は文政十年(1827年)12月7日薩摩藩士として鹿児島治屋町に生まれた。通称吉之助、南州はその号である。


若くして薩摩藩主島津斉彬に重用され、幕末内外多難の際、大いに国事に奔走したが、これに関連して奄美大島に流されること二回。元治元年(1864年)許されて京都に上るや、朝廷の意を重んじて一旦は長州を敵としたが、後、木戸孝允と謀って薩長連合を結成し、慶応3年(1867年)12月ついに王政復古の大業を成就、その後も官軍の参謀として、大功を樹て、明治維新の基礎を確立した。


その間、高橋泥舟、勝海舟、山岡鉄舟等の請を容れて江戸城の無血開城を実現、江戸を戦禍から救ったことは余りにも有名である。


その後は、故郷に退隠したが、明治4年(1871年)正月、三条実美以下新政府首脳の懇請を受けて上京、参議に就任し、廃藩置県その他近代国家建設のための主導的役割を果たした。


然るに、明治6年6月いわゆる征韓論が閣議に上るや断固反対して、大使派遣による平和的修交を主張し、その決定を見る至ったが、後欧米出張から帰国し、内治優先論を固執する岩倉具視、大久保利通等の反対に敗れて辞官帰郷。私学校を興して後進青年の育成に努めた。


明治10年2月当局者の謀に激した私学校生徒に擁せられて西南の役となり、転戦7ヵ月余、ついに敗れて城山に自刃した。9月24日、享年51才。そのため一時逆賊とされたが、明治22年2月、明治天皇の特旨により賊名を除かれ、正三位を追贈された。


この銅像はこれに感激した隆盛の旧友、吉井友美が同志と共に追慕の情を表すべく建立を計画したものであり、御下賜金のほか有志2万5千人の醵金を得て、明治26年起工、同30年竣工、我が国彫刻界の巨匠高村光雲の作である。


西郷隆盛の偉大な功業は、その信条たる敬天愛人の精神に発した仁愛と至誠没我の所産であり、日本の代表的偉人として今なお、敬慕される所以は実にここに在るのである。

ああ、ものすごいドラマチックな人生!!


江戸城の無血開城

江戸城の無血開城!!



つづいて、彰義隊の墓

彰義隊の墓

彰義隊の墓の説明文


彰義隊の墓

彰義隊墓所(彰義隊のお墓) - 上野公園

彰義隊墓所


彰義

彰義隊の墓の説明板 - 上野公園

同じく彰義隊の墓の説明板


清水観音堂 - 上野公園

清水観音堂


あと、上野公園、ちょうどイチョウが真っ黄色でした!

真っ黄色のイチョウ - 上野公園

真っ黄色のいちょう - 上野公園

かなり大きいイチョウ(いちょう)です!!


黄色いイチョウ - 上野公園

僕が住む八王子市には「いちょう並木」という、日本三大並木がありますので、いちょうには特別な思いがありますから。いちょうは最高です!!

藤沢市・遊行寺境内の大イチョウ


八王子・甲州街道 朝日を浴びるいちょう並木



紅葉の上野公園

もみじもキレイです!


秋の上野公園

真っ赤~


上野公園のいちょう並木

国立博物館方面へ向かう途中のいちょう並木


上野公園のイチョウ並木

見事ないちょう並木!みんな写真を撮ってますw


正岡子規記念球場

正岡子規記念球場


正岡子規記念球場 - 上野公園

明治23年3月のユニフォーム姿の正岡子規、カッコイイですね!ノスタルジックです!!


春風や まりを投げたき 草の原 子規(正岡子規)

春風や まりを投げたき 草の原 子規(正岡子規)


やってるやってる~ぅ 僕も野球やりたいな~~


すばらしいイチョウたち!!




▼あわせて読みたい関連記事



紅葉で黄金色に染まる巨大なユリノキ - 百合の木が見事な東京国立博物館


西郷隆盛 (代表的日本人/内村鑑三著)

西郷隆盛 (代表的日本人/内村鑑三著)


岩倉具視の500円札と「王政復古の大号令」

岩倉具視の500円札と「王政復古の大号令」


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。