ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け!muragon(ムラゴン)、にほんブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う!

運営サイト: muragon(ムラゴン)にほんブログ村イエツクスポリートムラウチドットコム 決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

江戸園芸ツツジ「藤万葉(ふじまんよう)」 - 八王子駅南口 とちの木デッキ

江戸園芸ツツジ「藤万葉(ふじまんよう)」

江戸園芸ツツジ「藤万葉(ふじまんよう)」
植樹場所: 八王子駅南口とちの木デッキ
平成29年4月23日 村内伸弘撮影



江戸園芸ツツジが見頃です!
東京都都市づくり公社では、伝統的な古品種ツツジを身近な場所に植樹し、その素晴らしさを味わい楽しんでいただくとともに、江戸園芸ツツジの種の保存と継承、特色ある緑化による緑豊かなまちづくりに取り組んでいます。


この度、八王子駅南口とちの木デッキに植樹した、江戸園芸ツツジ『藤万葉(ふじまんよう)』が、そろそろ見頃を迎えようとしています。


八王子駅周辺にお出かけの際には、是非お立ち寄りいただき、可憐な花をお楽しみ下さい。


江戸園芸ツツジの名花『藤万葉(ふじまんよう)』

リュウキュウ系の品種で藤色万葉咲き、花型は整い、花期は 4月下旬ごろで、満開時には木全体が藤色に染まる。雄しべが花弁化することで、花弁が多く、賑やかで豪華ながら気品を感じさせる花。古くから大切にされ、現代に伝えられた希少な品種。


錦繍枕(きんしゅうまくら)では、江戸まん重(「藤万葉」の当時の呼び名)について、『ふぢ色大りん まんやうなり 葉はりゅうきゅうのごとく』と記されている。


江戸園芸ツツジとは・・・

元禄時代、江戸ではツツジが大流行しました。その中心地が駒込染井です。なかでも、染井の伊藤伊兵衛三之丞は江戸随一の園芸家として名をなし、自らを「きり嶋屋伊兵衛」と称し、元禄5年(1692年)、我が国初のツツジ・サツキ図鑑「錦繍枕(きんしゅうまくら)」を発行しました。錦繍枕にはツツジがすでに 170 余品種も記載されています。江戸でブームのツツジは参勤交代などをとおして全国に伝えられ、また、その後海外にも伝わるなどして、日本の代表的な園芸の一つとして発展してきました。


庭園をはじめ公園や緑地、街路樹、施設周りには必ずといってよいほどツツジは用いられてきました。それほど身近な花木ですが、近年では、様々な理由から伝えられた豊かな品種の継承が困難な状況にあります。


公益財団法人 東京都都市づくり公社 pdfファイルより引用



という、東京都都市づくり公社さんのお誘いをネットで見つけたのでさっそく、八王子駅南口の"とちの木デッキ"へ行ってきました。


てか、"とちの木デッキ"って名前を初めて知ったんですが。。。過去に何度も通っている場所ですが、名前知りませんでした(笑)

おめでとう!振袖いいなぁ、人生これから、成人式 (八王子市・オリンパスホール)



八王子駅南口サザンスカイタワー1F東側広場

八王子駅南口サザンスカイタワー1F東側広場
「minamiguchiマルシェ」フリーマーケットというイベントがやってました。


八王子駅南口 - ペデストリアンデッキ「とちの木デッキ」

ペデストリアンデッキ「とちの木デッキ」に到着。
今日は実に良い天気!!


とちの木デッキ - 八王子市子安町

「とちの木デッキ」はサザンスカイタワーの目の前にあります。JR八王子駅直結です。


江戸のツツジでまちづくり - 東京都八王子市

江戸のツツジでまちづくり


ツツジは万葉集にも詠われた日本古来の植物です。江戸時代になり平和な時代を迎えると様々なツツジが江戸に集まり、元禄には大ブームとなりました。


その中心地は駒込染井で、江戸随一の園芸家・伊藤伊兵衛三之丞は「きり嶋屋伊兵衛」と称し元禄5年(1692年)、日本初のツツジ・サツキ図鑑「錦繍枕(きんしゅうまくら)」を発行しました。


錦繍枕にはツツジが 170あまり記載され元禄のツツジ園芸の高まりを物語ります。人々は争ってツツジを買い求めたと伝えられています。


江戸園芸ツツジはその後西欧に伝えられ、アザレアとして日本に還流するなど、江戸から東京へ伝えられた財産として貴重なものですが今日では失われがちとなりました。


当公社は八王子市と連携し、特色あるまちづくりの一助としてここに江戸園芸ツツジを植栽しました。その素晴らしさを味わい楽しんでいただければ幸いです。



江戸の人々に愛され、現代に伝えられた主なツツジ

江戸園芸ツツジ「藤万葉(ふじまんよう)」

藤万葉(ふじまんよう)

藤色、雄しべが花弁化し、にぎやかながら気品を感じさせ現代に伝えられた希少品種。


ツツジ「藤万葉(ふじまんよう)」

ツツジ(藤万葉/ふじまんよう)

江戸園芸ツツジの名花、リュウキュウ系。

藤色万葉咲き、雄しべが花弁化し、にぎやかながら気品を感じさせ古くから大切にされ現代に伝えられた希少な品種。花期は 4月下旬ごろ、満開時には全体が藤色に染まる。

「錦繍枕(きんしゅうまくら)」では、「江戸まん重(「藤万葉」の当時の呼び名)」について、「ふぢ色大りん まんやうなり 葉はりゅうきゅうのごとく」とある。



江戸のツツジ「藤万葉(ふじまんよう)」

さあ、愛でましょう。江戸のつつじ、藤万葉を!


つつじ「藤万葉(ふじまんよう)」

藤万葉、満開でした!


ツツジ「藤万葉」の藤色の花

花の色は、気品がある藤色です。


ツツジ「藤万葉」の万葉咲き

万葉咲き~☆


ツツジ「藤万葉」の花弁化した雄しべ

確かに雄しべが花弁化しています。その分、花弁が多くって、賑やかで豪華な印象です。
※花弁=花びら


ツツジの名花「藤万葉」

江戸の人々に愛された名花 - ツツジ(藤万葉/ふじまんよう)


つつじの名花「藤万葉」

駅前のペデストリアンデッキにこんなステキなつつじを植えちゃうなんて、八王子もなかなかやるな~


躑躅の名花「藤万葉」

横から見た藤万葉


藤万葉

上から見た藤万葉


藤万葉/フジマンヨウ

藤万葉/ふじまんよう

昨日の雨のせいか、もうしおれ始めている花も多かったです。


藤万葉の葉っぱ

藤万葉の葉っぱ



八王子駅南口 - サザンスカイタワー

八王子駅南口にそびえ立つサザンスカイタワー!
いつの日か、この最上階に住んでみた~い(^^)
富士山が部屋からいつでも丸見えみたいなんです!
いつかはクラウンですw


八王子駅の南口ってまだこんな感じの場所がたくさん残ってるんですよね。

八王子南口商栄会

八王子南口商栄会


八王子駅南口すぐ近くの通り

八王子駅南口すぐ近くの通り - この道をまっすぐ行くと北口側の飲み屋街(三崎町)に抜けられます。


蔦の家 - 東京都八王子市

蔦がいい感じ。


料亭風の店 - 東京都八王子市

こんなのも~ いい感じ~



▼あわせて読みたい関連記事



蜜標うつくしいツツジの季節! 陰翳礼讃!朝日とツツジの陰影コラボ写真



江戸キリシマ系ツツジ「日の出霧島」 - 八王子駅南口 とちの木デッキ



赤と白のツツジの花、朝日に輝く! ツツジとサツキの違いがさだかではありません



石楠花(シャクナゲ)の花 - 炎のように、燃えるように、赤く咲く!



白覆輪の赤いチューリップと真っ赤なチューリップ



母校・南多摩高校正門前の黄色いチューリップ



玉之浦椿 - 濃紅地に白覆輪の名花 観察日記(蕾~開花~落花の記録写真)



玉之浦 - 白覆輪の五島の銘椿、紅白に咲きました!


カップ咲き水仙!デリベス - 黄弁にオレンジカップで咲きました



ミニ水仙!タゼッタ系水仙 ミノウ - かわいい水仙が咲いたよ




春の妖精!春の花・福寿草(フクジュソウ)が黄色く光り輝く



薄紅色♪ ハナカイドウ(花海棠)の淡いピンクの花が満開



真っ白な花!白木蓮(ハクモクレン)の季節です


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。