ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 inkrich(インクリッチ) スポリート ムラウチドットコム  決意53才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

諫早「楽焼うなぎ」は北御門(きたみかど)の名物料理!二重底の楽焼の器「赤楽」がシブい!

創業明治16年/1883年の老舗うなぎ割烹北御門さんの諫早名物「楽焼うなぎ」が絶品!活!焼!タレ!とろける食感!!生まれてから一番おいしいウナギの蒲焼でした(^^)/

ふんわりなめらかな食感の「楽焼(らくやき)うなぎ」


鰻焼き一筋五十年、頑固親父の蒲焼!北御門の蒲焼


鰻巻(うまき)


「い」さはやの「うな」ぎの妖精うないさんと北御門の楽焼の器「赤楽」


うなぎ割烹 北御門(きたみかど)
令和2年(2020年) 6月27日 村内伸弘撮影



羽田発長崎行きのソラシドエアの機内誌にこの鰻店「北御門」さんが載っていました。

ウナギ 長崎県

長崎県の中央部に位置する諫早市。有明海、大村湾、橘湾の 3つの海に囲まれ、広大な干拓地や肥沃な丘陵地帯を抱える自然豊かな土地である。有明海へと繋がる本明川(ほんみょうがわ)の河口付近では良質なウナギがたくさん捕れたため、江戸時代より美味しいウナギ料理が食べられる場所として名を馳せていた。


諫早では「楽焼ウナギ(らくやきうなぎ)」という料理法で蒲焼が出されることが多い。楽焼ウナギは、独特な形をした京都の楽焼の器を用い、仕上げにウナギの入った器ごと熱してから提供される。この楽焼、中は二重底になっており、空洞部分に湯が張ってある。その状態で熱を加えるため、器内のウナギがほどよく蒸されるのだ。料理の提供後も器の中の湯が全体をほどよく温め、ウナギはふっくら冷めにくく、最後まで美味しく食べられるという優れものである。


今でも本明川のほとりに店を構える「うなぎ割烹 北御門(きたみかど)」は創業1883年(明治16年)の老舗だ。

ソラシドエア機内誌「ソラタネ」 2020年5月・6月合併号より引用



この特集記事を目にしてしまったので、急遽レンタカーを借りて長崎空港から諫早に向います!!笑


長崎空港近くのレンタカー営業所から諫早に向けて出発~!


お客様用ボールペン「毎回消毒しています」だって~ これぞウィズコロナ~


青いぜ長崎 「長崎の島に、なる」  福山雅治さん、いました!


長崎空港からレンターかーで一直線に諫早市内へ

北御門の裏口側の駐車場に車を駐めました。


北御門の目の前を流れる本明川(ほんみょうがわ) 長崎県諫早市のシンボル "諫早市の母なる川"


長崎県諫早市八天町4-3 うなぎ割烹 北御門(きたみかど)


北御門の入口


北御門の看板


おおっ!創業明治拾六年(明治十六年)


うなぎ百選会員店


こんなのあるんですね 笑
日本人のうなぎの蒲焼き好きはスゴイスゴイw


伝統の味に真心をそえて

うなぎ割烹 北御門 創業明治16年


雄大な多良山系の五家原岳をみなもとに諌早平野をうるおす本明川

良質の鰻がよく獲れたこの清流のほとりで明治16年創業し、以来一筋に職人のこだわりを守り続けております。

昭和55年より日本料理を加え、鰻割烹北御門として一新、皆様に愛される店づくりをめざし日々務めてまいりました。

どうぞ心豊かなひとときをお過し下さいませ。本物の味に真心を添えてお迎え致します。


【諫早名物】諫早楽焼うなぎ

当店は、良質のうなぎを厳選し「活、焼、タレ」の三点を重視した、おいしい蒲焼を楽焼の独特の器に盛り付け軽く蒸して、お出ししております。


諫早のキャラクター うないさん


」さはやの「うな」ぎの妖精うないさんと北御門の楽焼(らくやき)の器「赤楽」


北御門のメニュー

当店自慢のたれは甘辛くサッパリした薄味です。鰻本来の味を生かした「九州地焼」で割きたての鰻を一気に焼き上げます。


鰻焼き一筋五十年、頑固親父の蒲焼を、是非ご賞味くださいませ。
四代目店主 北御門孝廣


楽焼とは
当店の蒲焼は独自の器「赤楽」を使用しております。二重底の中にお湯を入れ、少し蒸すことにより、鰻をやわらかくし、又、最後まで温かくお召し上がりになれます。


ご飯のおかわりも無料!


うなぎ楽焼ご膳の竹膳(5切)を思い切って頼みました。昼飯から 3000円オーバーです!!


逸品メニューの中の鰻巻(うまき)もたのんじゃった~


鰻巻


玉子は柔らかく、鰻も美味しかったー


そして!!
うなぎ楽焼ご膳の竹膳(5切)が登場ーーーっ

蒲焼(5切)、味噌汁、ご飯、香の物、フルーツです


「赤楽」がメチャクチャ雰囲気あります!!!!
もうこの楽焼の器を見ただけで、このウナギが最高にうまいってすぐに分かります。


ご飯も真っ白で美味しそう!うな重だとウナギがご飯の上に乗ってるので、白いご飯ってあり得ないんですが、このうなぎ楽焼ご膳はご飯が真っ白です!新鮮です!!


「赤楽」の蓋の裏側がテッカテカで、これまた気分が盛り上がります!!


うわーー!ところどころ剥げた器に盛り上がるように積まれた蒲焼!!


劇的です!!
こんなにも劇的な蒲焼ってあるんでしょうか!!


タレの海の中に蒲焼が浸かっています。


よだれマックスです!!


時代の流れを読み、進化を続けるウナギ料理

「タレの味は時代に合わせて変えています」と 4代目の北御門孝廣さん。「長崎の人はもともと甘口が好みですが、今は創業時よりもすっきりとした味に仕上げています。また、調理過程で手を抜かない、合理化はしないなど守るべき店の歴史は守っていますが、時代とともに変えていかないといけない部分もあるはずです」と微笑む。

ソラシドエア機内誌「ソラタネ」 2020年5月・6月合併号より引用



おーーーっ!食べるぞ~~☆


こんがり焼かれたウナギ!最高ですねっ


「九州地焼」で割きたての鰻を一気に焼き上げますってメニューに書いてありましたが、一気に焼き上げた感を強く感じる焦げぶりです!!



やべぇ!!!!!
人生で最高にうまいウナギと僕は出会ってしまった!!!!!!


すっごいふっくらしてる!!
そして、口の中でとろけまくる!!
そしてそして食べていても、うなぎが冷めないで香ばしいままーーっ!


真っ白なご飯との相性もバツグン!
楽焼方式、スゴいです!!


ごはんも美味しくって、おかわり~☆
食欲MAX状態~ぃ!!


ウマイ!ウマイ!


本当にウマイ!!


史上最高の舌触り!!甘くっておいしいタレがたっぷり付けられて最後の方は更にウマイ!!!!!


ごちそうさま~


このタレを白いご飯にかければ、もういっぱいご飯おかわりできたけど、コロナ太りなのでやめておきました。


今回の長崎の旅、ノッケから史上最高のうなぎ店に出会えました!うれしいです!!



北御門の店内にかかっていた絵

昭和20年代の諫早眼鏡橋



至福の一皿  ながさきグルメセレクション 2020


(左)赤ちゃんおうえんボランティア基金 (右)愛ちゃんと希望くん 赤い羽根募金



会計の時にお土産で買いました

お土産は北御門特製の玉緑茶。西九州うれしの玉緑茶に京都産の高級抹茶をブレンドって書いてあります。


お店で出たお茶でしたが、このお茶もおいしかったです!!


いやー、長崎ウナギうまかった~!!!!!



▼あわせて読みたい関連記事

八王子「うなぎ高瀬」のうな重

"うなぎ高瀬"のうな重 生きてる鰻をさばき、小骨一本一本を抜くからうまい!


八王子「志乃ざき」の上うな重

八王子の老舗うなぎ屋「志乃ざき」の上うな重はうまい


食べ物ブログの一覧

【食べ物 決定版!】おすすめ食べ物ブログ記事一覧 グルメの写真たくさん有♪♪


長崎旅行記(長崎ブログ)の一覧

【長崎旅行記 決定版!】おすすめ長崎旅行ブログ記事一覧 長崎観光の写真たくさん有♪♪



×

非ログインユーザーとして返信する