ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 スポリート ムラウチドットコム  決意50才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

英語リスニングにはイギリス・BBC Newsの無料アプリが最高。海外ラジオでネイティブの生の英語を聴きまくり~♪

BBC World Serviceのアプリ(BBCワールドサービス/英国放送協会)

BBC World Serviceのアプリ(BBCワールドサービス/英国放送協会)


BBC World Service



BBC Newsをダウンロードします(無料)。


Storeを変更します。


BBC Newsの画面で [入手]をタップします


ダウンロード完了、[開く]をタップします


BBCレッド来た~!!


"BBC News"は通知を送信します。[OK]をタップ


[LIVE]をタップ


BBC World Service(BBC/英国放送協会)

これで BBC World Serviceが聴けます。
再生ボタンをタップするだけ。
これで iPhone 6が「BBCラジオ」に早変わり~♪♪


スマホのホーム画面上に「BBC News」のアイコンが現れました。



スマホを iPhone 6に変え、
SIMカードを OCNに変えてから
英語のリスニング量が激増しています。
たぶん、従来の 5倍とか 10倍ぐらいになっています。
理由は BBC(英国放送協会)の無料アプリです。


僕はイヤホンが嫌いなので、
iPhoneの内蔵スピーカーで聴いていますが、
いつでもどこでも素早く高音質で聴けるので
本当に嬉しいです!!


僕の iPhoneは今、
ほとんど海外インターネットラジオと化しています。


大満足です、本当に本当に大満足です。
BBCラジオが持ち運べるなんて、実にすばらしい時代です。
ヒアリング力、間違いなく上がっています!


▼English(英文)
My English listening volume is sharply increasing after
changingmy smartphone to iPhone 6 and my SIM card
to OCN's.Maybe the volume is five times or ten times
as much as the quantity before.Using free BBC smartphone
application is the reason why that is increasing.


As I don't like wear earphones, I have heard it with built-in
speaker.I'm really glad that I can hear the Internet radio
anytime, anywhere,quickly and at high fidelity.


Now, my iPhone has just about turned into overseas Internet
radio station.


What a wonderful age now!  Great! We can easily carry
BBC radio outside. Surely, my English hearing skill is
developing!


(参考)

スマートスピーカーで英語リスニング 「アレクサ~ BBC News  ワールドサービス かけて」で生の英語が無料で聴ける

AIスピーカーで英語リスニング 「アレクサ~ BBC News ワールドサービス かけて」で生の英語が無料で聴けます。


自宅 Wi-Fiだけで英語リスニング用中古の iPhone 5c

中古の iPhone 5c を入手~ 自宅 Wi-Fiだけで英語リスニング用として利用


ショッキンググリーンの iPhone 5c

iPhone 6 音量が大きく音質もクリア! - 1950 KLIV(シリコンバレーニュース)で実証
イギリス BBC World Service で英語無料ヒアリング
Podcast 無料英語教材はコレ → BBC WORLD SERVICE Global News
英語のリスニング力が自然にレベルアップするカンタンな方法
iPhone 6発売、朝4時~アップルストア銀座に並んできましたが・・・


政治の新しい姿? 日本共産党カクサン部!「ブラック企業にお仕置きよ!」

日本共産党カクサン部! KAKUSANBU ゆるくてマジメなPR戦略 新日本出版社


ネット選挙解禁で生まれた、日本共産党の特命PR部「カクサン部!」。


部員(キャラクター)のシールw




僕も鈴木善幸内閣とか中曽根内閣の頃から
国内政治や世界政治の動向はウォッチし続けていますが
正直、共産党のイメージって
「軍事革命」「ソ連(ソビエト)」「コミンテルン」
「粛清」「獄中18年」「スパイ」「一党独裁」
というような "怖いイメージ"だったんですが、
上の写真見てください(笑)


プロパガンダ(政治宣伝)の勉強の為にこの本を手にしてみましたが、
実態がどうかは、詳細が不明なため割愛させていただきますが
表面上、表面(おもてづら)は
こんな柔らかいイメージに大変身していました。
めちゃめちゃソフトです!!


2年前の参議院選挙の時の PR戦略のようですが、
下記の社会心理学の本を読んだあとで
このネット戦略の意味や狙いを考えてみるととても面白いです。


完全教祖マニュアル - 宗教の本質はむしろ反社会性にこそある
読書感想: エリック・ホッファーの名著「大衆運動」は危険な書
操られてはいけない!「プロパガンダ」 広告・政治宣伝のからくりを見抜く
社会心理学の古典的名著「群衆心理(ギュスターヴ・ル・ボン)」を読破!この本ヤバイ!
人間の本性や人間心理を学ぶ本 - 「飛田で生きる」 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白


▼English(英文)
I have interested in domestic and foreign politics since
Zenkou Suzuki cabinet or Yasuhiro Nakasone cabinet.
Honestly speaking, I have some images of Japan communist
party like "violent revolution", "Sovet", "Komintern",
"liquidation", "18 years in prison", "spy", "one‐party rule."
Such images were dreadful. But have a look some images
above!


As I got this book for study of propaganda, the party's
surface image is changing heavily. The image is quite soft.
I omit the actual state from this entry as I don't know the
detail of the party's policy. 


This plan was public relations one at the election of House
of councilors 2 years ago. This book is funny with considering
meaning and target of this Internet starategy after readhing
some text of social psychology below.


(参考)
日本共産党 カクサン部 - 日本共産党中央委員会
日本共産党 カクサン部!2 - 日本共産党中央委員会
カクサン部!のつぶやき | 日本共産党 カクサン部
部員紹介 | 日本共産党 カクサン部 - 日本共産党中央委員会


このブログ記事は特定の思想や政党を応援するものではありません。
また、株式会社ムラウチドットコムとも一切関係がなく、
村内伸弘個人のプライベートな私的感想ですので予めご承知おきください(^^)

「熊野古道を歩く」- 世界遺産・熊野古道 今度こそ中辺路歩いてきます

8年ぶりに引っ張り出して再読している「熊野古道を歩く」(JTBキャンブックス)



写真左:大門坂 右上:熊野川 大斎原付近 右下左:神倉神社 御燈祭り 右下右:那智の滝 青岸渡寺


大門坂


写真上:本宮大社旧社地 大斎原 中央:伊勢路 亀島の燈籠 下:大門坂石畳



熊野へ行けば、人は救われる。


「熊野古道を歩く ~人はなぜ熊野をめざすのか~」
というブログ記事を 2007年8月に書いて、
熊野古道 中辺路(なかへち)ルートの踏破に
チャレンジするつもりだったんですが、
結局行けずじまいでした。
あれから 8年、最近少し時間ができましたので
熊野古道チャレンジしたいと思っています。


8年前に読んだ本をまた読み返して、
熊野の勉強を始めています。
世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」歩いてきます。



▼English(英文)
If we go to Kumano, we, all humanity, would be blessed by God.


I wrote a blog entry, "Walking at Kumano kodo - why people
aim to go to Kumano?" on August, 2007. At that time, I would
try to travel on foot at Nakahechi route of Kumano kodo,
but I couldn't go there. 8 years later, now I have a bit time
to do something freely. Therefore, I eager to walk at Kumano
kodo as my challenge.


I'm just re-reading the book I read though 8 years ago, and
starting to learn Kumano itself. I'm going to visit to a world
heritage of "Sacred sites and pilgrimage routes in the Kii
mountain range."


▼熊野・大阪 旅行

(参考)