清教徒革命の指導者、オリバー・クロムウェルの英語の伝記

オリバー・クロムウェルの英語の伝記

OLIVER CROMWELL(オリバー・クロムウェル) / JOHN MORRILL


クロムウェルの伝記

Oxford University Press


2年前にロンドンの本屋さんで買った
"ピューリタン革命(清教徒革命)"の指導者・オリバー・クロムウェルの
伝記を昼休みに読み始めました。


うーん、単語が難しい・・・
最近、さすがに大分英語に慣れてきてるんですが、
またまたこの本は僕に挫折を味わせてくれてます(笑)
でも、諦めずに読み続けます。


イギリス国王を処刑、イギリス史上唯一の共和制国家を作り上げた
この毀誉褒貶の多いリーダーのことを辞書を引き引き
学んでいきたいと思います。


▼English(英文)
I start to read Oliver Cromwell's autobiography during lunch
break who is a leader of the Puritan Revolution which I
bought two years ago in London.


Um, the words are difficult. Recently I get used to English
indeed. However this life story makes me feel a sense of
frustration! Nevertheless, I'd like to go on reading it.


By looking up  words in a electronic dictionary, I wish to
comprehend the commander who executed the then king,
established the sole republic in British history and had many
praises or censures.


(参考)
チャーチル博物館とウェストミンスター寺院
腹筋時、チャーチル元首相のラジオ演説CD
“鉄の女”サッチャー元首相のCD 毎朝聴いて、来年は“鉄の男”を目指します
続けて、“鉄の女”サッチャー元首相の本が到着
今度は、“鉄の女”サッチャー元首相の自伝が到着
シェイクスピア・グローブ座、大英博物館
ラムの「シェイクスピア物語」を音読開始!
生と死、恋と魂。 「恋に落ちたシェイクスピア」の感想


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。