縁起物の木・万両(マンリョウ)の青い実と深い緑色の葉

"縁起物の木" 万両(マンリョウ)の青い実

"縁起物の木" 万両(マンリョウ)の青い実


"縁起物の木" 万両(マンリョウ)の深い緑色の葉

万両(マンリョウ)の深い緑色の葉
長楕円形の光沢のある葉がメッチャうつくしいです!



10月12日の朝、庭の隅の岩陰で自生していた「マンリョウの木」2本をスコップで掘り上げて移植しました。玄関脇の樫の木とモッコクの下(高木の陰)で日が余り当たらない場所に"間抜け"なスペースがあったのでそこに植え付けました。


ひっそりと生えていた実物(みもの)の庭木を見つけ出し、玄関脇の一等地=よく見えるところに"引っ越し"させたわけです。


このスペースはマンリョウが好む薄日が差し込む、適度に湿った場所ですし、嫌いな西日も100%当たりません。タイミングも植え付け適期ギリギリの 10月中旬ですし、たぶんバッチシ根付いてくれて、まもなく赤く熟したまんまるの実を楽しませてくれるでしょう(^^)


「万両」の「両」って、「円(お金の単位)」ですから、今は「万円」と呼び変えても良いのかもしれません。縁起の良い木です。これで僕もようやくお金が貯まりますw
※正月の縁起物としても使われています



移植した万両(マンリョウ)の木

移植したマンリョウの木(60cmぐらいだと思います)


マンリョウ

左側が今回移植した 1本目のマンリョウ


この写真の右側のマンリョウは今回移植したのではなく、このスペースに前から勝手に自生していたマンリョウです。ですので、この環境で今回移植した 2本は間違いなく生きていけると判断しています ^^


万両(マンリョウ)の深い緑色の葉

10月の朝の木漏れ日に輝く、深い緑色の葉がうつくしいです!


万両(マンリョウ)の深緑色の葉っぱ

深緑色の葉が実にステキです!!常緑なのでこの青々とした葉っぱを一年中楽しめるんです。嬉し過ぎます♪♪


万両(マンリョウ)の葉っぱの裏側

万両(マンリョウ)の葉っぱの裏側  鮮やかなグリーンです!!!!


木漏れ日を浴びる万両(マンリョウ)の葉

木漏れ日を浴びるマンリョウの葉


万両(マンリョウ)の青い実

まだ青いマンリョウの実


万両(マンリョウ)の緑色の実

ホースで水をかけた後なので、マンリョウの緑色に輝く実から今まさに水滴が落ちようとしています。うつくしい光景です!!


万両(マンリョウ)の実

万両(マンリョウ)の青い実の写真

下から激写~


万両(マンリョウ)の小さな丸い青い実の写真

下から接写~


万両(マンリョウ)の植え穴と腐葉土

植える穴には元肥として「腐葉土」をたっぷり入れました。我ながら準備が万全過ぎます(笑) 


10月に移植した万両(マンリョウ)

そして、その腐葉土を掘った土と混ぜて、水極め(みずぎめ)して踏んづけておきました。マンリョウ君、場所を移されたことに気がつかないで赤い実をつけてねっ☆


秋に移植した万両(マンリョウ)

右側のやや背の高い木も同じくマンリョウ(今回移植した 2本目のマンリョウ)です。背高のっぽのマンリョウとまだ背の低いマンリョウが仲良く 2本横に並びました。真っ赤な実のつけ合いでぜひ競演してほしいです!!



僕のブログをご覧のあなた。
ココからはイマジネーションの世界です。
このまんまるの小さな青い実が真っ赤に染まったらどうなるでしょうか?
ぜひ、想像してください。
この世はイマジネーションが重要です 笑


万両の木(マンリョウの木)

青い実が真っ赤に染まったらどうなっちゃうでしょうか?
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

万両の実(マンリョウの実)

緑 → 赤。ツヤツヤした赤い実、乞うご期待!



実が赤くなったら、僕のブログで紹介します!
時々、僕のブログを覗いてみてください。はっはっは 笑



▼あわせて読みたい関連記事

マンリョウ(万両)の赤い実

マンリョウ(万両)の赤い実とセンリョウ(千両)の黄色い実


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。