ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け♪♪ ムラゴン、ブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 イエツク スポリート ムラウチドットコム  決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

ケアンズ旅行 6: グレートバリアリーフの緑の宝石「グリーン島」

オーストラリア グリーン島/グリーンアイランド

グリーン島/グリーンアイランド かっこわるっwww ボルトのポーズ?


大自然が築き上げた緑の宝石 「グリーン島

ケアンズからフェリーで片道 50分。島の総面積 12haに対して、サンゴ礁面積はなんと1200ha!グレートバリアリーフの中でも大変珍しい、サンゴでできたリゾート島です。


約6000年の歳月をかけて大自然が築き上げたグリーン島はグレートバリアリーフの「緑の宝石」。島には 83種類の植物と 60種類の渡り鳥を含む鳥類、周囲の海には 1500種類もの海洋生物が生息しています。ケアンズより高速艇で 45分。12haの島には、レストラン、プール、リゾートショップ、アイスクリーム、パーラー、シャワー、更衣室、トイレ、有料ロッカーの設備が整い、快適にお過ごしいただけます。




Mi Goreng - Suimin Noodles

朝食はコンビニ「ナイトオウル」で買ったカップヌードル(ミーゴレン/Mi Goreng | Suimin Noodles)。果たして本場・インドネシアのミーゴレンよりうまいのか?


作ってみましたが、まあまずくはないですが、そんなに美味しくもないです。やっぱり、カップラーメンも日本の方が圧倒的にうまいです。


ケアンズ タクシー

今日は"グレートバリアリーフの緑の宝石" グリーン島へ行く予定なので、船が出るリーフフリートターミナルへタクシーで向かいました。宿泊しているリッジストレードウィンズからはちょっと遠いので、妥協してタクシーです(笑)


ケアンズのタクシーは完全予約制で流しのタクシーがないそうなので、ホテルのフロントで呼んでもらいました。ガイドさんが言ってましたがオーストラリアは忘れ物、紛失物の発見が困難な国だそうです。日本という国はその点やっぱりすごいですね!



タクシーでリーフフリートターミナルへ

歩くと 10分ぐらいかかると思うんですが、タクシーならばあっという間です!


リーフフリートターミナル / REEF FLEET TERMINAL に到着~♪  要は "グレートバリアリーフ行きクルーズ船乗り場"です。


ケアンズ Great Adventures

お世話になるのは Great Adventures さんです。


Great Adventures

Great Adventures さんの受付デスクにバウチャーを提示して、チケット(クルーズ往復乗船券)をもらいました。


グリーン島 クルーズ往復乗船券

チケット(クルーズ往復乗船券) GI=Green Island 
ケアンズ → グリーン島 8:30
グリーン島 → ケアンズ 16:30


船の乗船場所 ※右下の Reef King(緑) が Great Adventures さんの船のようです


グリーン島 クルーズ


グリーン島 クルーズ

グリーン島(Green Island)


グリーン島はグレートバリアリーフ国立海洋公園であり、世界資産に指定されている大自然が約6,000年もの歳月をかけて創り上げた珊瑚の島。世界の七不思議の一つにあげられるグレートバリアリーフへの第一歩の拠点として多くの人々がこの島を訪れています。


オーストラリア、トロピカル・ノースクイーンズランドの中心、ケアンズから27キロ沖合いにあるグリーン島へはグレートアドベンチャーズの高速カタマラン(双胴船)ならたったの45分。リーフ(珊瑚礁)とレインフォレスト(熱帯雨林)がおりなすユニークな自然の中で、気軽にリーフと島の両方を体験していただけます。


グリーン島はグレートバリアリーフに数あるコーラル・ケイ(珊瑚が堆積してできた島)の中で、唯一島内に熱帯雨林の植物が生えています。そこには126種類もの自生の植物、カラフルな鳥達が壮大な珊瑚の楽園に囲まれ、15ヘクタール弱(約37エーカー)の小さな島をマイホームとしています。 このトロピカル・パラダイスで各種アクティビティーに参加したり、のんびりリラックスしてあなたの1日をお過ごしください。神秘の熱帯雨林をぶらつく、白い砂浜でごろり、泳ぐ、スクーバダイビング、スノーケリングして熱帯魚と珊瑚の楽園を観賞する、または各種賞を受賞するグリーンアイランドリゾートのエメラルドレストランを含む充実した島内の施設をご満悦ください。


Great Adventures ホームページより引用)



リーフフリートターミナル 埠頭(波止場)

フェリーが停泊している埠頭へ向かいます。


リーフフリートターミナル

リーフフリートターミナル


僕が乗る船「REEF KING」


Great Adventures「REEF KING」

Great Adventures「REEF KING」


REEF KING号

向こう側が「REEF KING」号です。


パツキン(金髪美人)

これは別の船。パツキン(金髪美人)が足を組んで電話をしています。絵になります!


まだ出航までに時間があるので一通り埠頭を散策してみました。


4オーストラリアドルの Flat White(フラットホワイト)

リーフフリートターミナルのカフェで一休み。4オーストラリアドルの Flat White(フラットホワイト)に決めました。


Flat White(フラットホワイト)を注文

Flat White(フラットホワイト)を注文。フラットホワイトはエスプレッソとミルクの割合を 1:2にし、表面に泡立てたミルクを注いだものです。



Flat White(フラットホワイト)

Flat White(フラットホワイト)


フラットホワイト

正直ブラックは苦手です、フラットホワイトはミルキーなコーヒーなので僕の好みに合致します。期待に違わず美味しかったです!!


フラットホワイト(英: Flat white)はオーストラリアやニュージーランドでポピュラーなエスプレッソベースのコーヒーである。エスプレッソにきめ細やかに泡立てたスチームミルクを注ぎ、エスプレッソとミルクがよく混ざり合った飲みやすいコーヒーである。カフェ・ラッテやカプチーノと比べるとフォームの量が少なく、エスプレッソ版のカフェ・オ・レとも言える。表面がクレマ(クリーム)で覆われており一口目からエスプレッソが感じられるのが特徴である。


Wikipediaより引用



さあ、フラットホワイトを飲み干したので船に乗りました。


出航~ 船が出るぞ~~~っ


Great Adventures スタッフ。救命胴衣の使い方の説明。

Great Adventures のスタッフ。救命胴衣の使い方の説明中。


Great Adventures 救命胴衣

沈まないことを祈ります(笑)



フェリーからの眺め


出航してきたリーフフリートターミナル方面


「REEF KING」号、船内の様子

「REEF KING」号、船内の様子


「REEF KING」号、航跡

航跡


空から見下ろすグリーン島とグレートバリアリーフの美しい景色
Amazing views of Green Island & the Great barrier Reef


パラセーリング / Parasailing のセールス。日本人スタッフによる「今日は風がなく、最高のパラセーリング日和です」という絶妙のセールストークが炸裂しました。


島に着く前に契約しちゃいました(笑)
業者さん達の"思う壺"~www
パラセーリングは産まれて初めてです。


パラセーリング
簡単:健康チェックは必要なしです。
安全:とても安全です。
便利:水着は不要です。濡れません。
快適:快適な 2人乗りシートでラクチンです。
とのことです。




船は進みます!


多国籍、インターナショナルな雰囲気です。


「REEF KING」号(フェリー)の操縦席(操舵席)

フェリーの操縦室(操舵席)


「REEF KING」号(フェリー)の船長

船長かっこいい。キャプテンと思わず声を掛けたくなりましたw


グリーン島 ファインディング・ニモ

ファインディング・ニモ


まさにグレートバリアリーフ!!


グリーン島が見えてきました

グリーン島が見えてきました


グリーン島

グリーン島


グリーン島到着っ


あの~、ホームページやパンフレットの海の色と違うんですが。。。下の写真のようなコバルトブルーを期待していたんですが。。。(苦笑)
  ↓↓↓↓↓
▼ネットやパンフレットに載っていたグリーン島の海の色

ブレートバリアリーフ グリーン島




グリーン島上陸

まあ、とりあえずグリーン島に上陸しますw


ケアンズから乗ってきた「REEF KING」号


グリーン島入口

グリーン島入口


ノースクィーンランド州 突然な大雨

ノースクィーンランド州では、突然な大雨に見舞われることがあります。


グリーン島 - 小さな島に人がいっぱい

小さな島に人がいっぱい


グリーン島 ショップ

島内のショップ


グリーン島 鳥(ナンヨウクイナ)

島内のプールにいた鳥(ナンヨウクイナ)


グリーン島 木

島内の木々


グリーン島 椰子の木

椰子の木


小さい島なのでちょっと歩くとすぐにビーチに到達


島の中には小規模ですが熱帯雨林もありました。


熱帯のかたつむり?


軽く島内を半周して、グラスボート(グラスボトムボード)に乗船します。


グリーン島 グラスボート乗り場

グラスボート乗り場


グリーン島 グラスボートの船長

グラスボートの船長 グラサンがカッコイイです!


グリーン島 グラスボートからの眺め

グラスボートからの眺め


さあ、グラスボート(グラスボトムボード)で水中観察~


魚~


いっぱい泳いでいま~す


ただ、ちょっと熱帯魚感がないんですけど。。。


魚の大群~ん


魚の大群とカモメ


珊瑚~


グリーン島 珊瑚

グリーン島 サンゴ

珊瑚がたくさ~ん


グリーン島 ニモ

船長が英語で「ニモ、ニモ!」って言ってましたw まあ、「ニモ」に英語も日本語もないんですけど(笑い)


グリーン島 パラセーリング

あっ、グラスボート船内からパラセーリングの様子が見えました!


気持ちよさそう~


すぐに僕のコレに乗るんです!!緊張します。ドキドキします。


グリーン島 パラセーリング

空高く舞い上がって気持ちよさそう~


船内から見えたグリーン島


グリーン島 アコヤ貝

アコヤ貝~♪


グラスボート(グラスボトムボード)もこれで終わり~



グリーン島に戻りました。


さあ、次はパラセーリング(Parasailing)に挑戦です!!


グリーン島 パラセーリング受付

パラセーリングの受付


いよいよ人生初のパラセーリングです!船に数人で乗り込んで沖に出てスタートでした。順番に 2人づつ二人乗りの座席シート(ブランコ)に腰掛けます。すると、スタッフがボタンを押して巻いていたロープを解き放つんです。その瞬間、ロープがするするすると伸びていき、パラシュートがパッと開き、2人は大空へと飛び上がります!!


最初の組が飛び立つところを目の前で見て僕は思わず「行ってらっしゃ~い。」と手を振ってしまいました。気分は上々、ハイテンションになりました!!まさに空中遊泳っていう感じなんです。空中を優雅に泳ぐ感じはすばらしいです。人間やっぱり何でも試してみるものですねっ!


さあ、次は僕の番です!!


グリーン島 パラセイリング

写真はないのですが、パラセーリングこんな感じで乗りました!


いやー、空高く舞い上がって最高の気分でした!!!!グリーン島が、珊瑚海が眼下に見えました。僕を引っ張る船が眼下に見えました。優雅に浮かぶパラシュートに乗って、鳥になった気分です!何もさえぎるものがない大空からの眺めは超最高。飛行機以外でこんなに高いところを飛んだのは生まれて初めてです!!オーストラリアに来てよかった!ケアンズにしてよかった~!


但し、海の色が・・・
濃い青で、透き通ったコバルトブルーやエメラルドグリーンじゃなかったのが心残りです。。。雨が続いていたからでしょうか?それとも季節でしょうか?透明度が低すぎました(涙)




シュノーケリングを楽しんでいたハゲ親父(外人)w 透明度が低くて、東京湾のようですね(^^;



お腹が空いたのでバイキングで昼食を食べました。


グリーン島 バイキング

島内のバイキング


申し訳ありませんが、ありきたりって感じです。われら日本人の舌は肥えすぎました。ちょっとやそっとの料理ではもはや誰も驚きませんw


米もおいしかったはおいしかったんですが、やっぱり日本のお米に比べると。。。改めて思います。わが祖国、日本の米は最高です。炊飯器は最高です。中国人が炊飯器を"爆買い"していくのもうなずけます。


フルーツはややカスカスでしたが、まあ及第点。おいしかったです。



昼食も終わったので、次はビーチへ行ってシュノーケリングをしたいと思います。


グリーン島のビーチ

グリーン島のビーチ


グリーン島 シュノーケリング

ジャーン!かっこわるっwww


グリーン島のウサイン・ボルト

ウサイン・ボルト!?


透き通った水


グリーン島 - スノーケリング

シュノーケリング開始


シュノーケリング器具はチケット代に含まれていました。但し、クラゲ除けのスーツは別料金でした。ライフジャケットも有料のようでした(借りませんでした)。
世界遺産の中で魚と戯れました~!と書きたいんですが、それほど魚はいませんでしたし、カラフルでもありませんでした(泣)しかも、塩水を飲み込んじゃったので今一でした。。。。うーん、久米島(くめじま)の方がぜんぜん良かったかな??
  ↓↓↓↓↓
“楽園” ハテの浜でシュノーケリング。熱帯魚乱舞!!



でも、ちょこっとは魚が泳いでいるところを見られたので、満足です。魚はかわいいですね~ 陸上に較べ、海の中は、人間のいない素敵な世界です。



グリーン島の白浜

日本の12月に泳げるだけでもまあ嬉しいですよね~


グリーン島 - YOU ARE HERE

YOU ARE HERE


グリーン島 - スノーケル用具返却口スノーケリング終了~ 器具をここに返しました。


パラセーリングやシーウォーカーなどの写真を撮ってくれて、売っていました。僕は自分のパラセーリングの写真を見に行こうとしたんですが、時間が過ぎてなくなっていて見れ(買え)ませんでした。


彼女とこんな写真撮れたら最高ですよね~ 超うらやましい!!


このイスラム系の家族の写真も微笑ましいですね~



さようならグリーン島。


ケアンズの港

ケアンズの港に戻りました。


ケアンズ港で乗客を迎える船会社のスタッフ


モカアイスをパクリ~


ピンボケ~


ケアンズ港 - 顔出しパネル

オーストラリア・ケアンズへようこそ
ベタっ!顔出しパネルでコアラと化した僕。はははははw


▼今回のケアンズ旅行



▼関連記事(あわせて読みたい)

オーストラリア・シドニー オペラハウス(Opera House)とハーバーブリッジ(Harbour Bridge)

オペラハウス(Opera House)とハーバーブリッジ(Harbour Bridge)


オーストラリア・シドニー  ボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)の夕暮れ

ボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)の夕暮れ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。