読書感想: エリック・ホッファーの名著「大衆運動」は危険な書


大衆運動 / エリック・ホッファー 高根 正昭 訳
THE TRUE BELIEVER Thoughts on the Nature of Mass Movements / Eric Hoffer




ナチス、ボルシェヴィキ(ソビエト共産党)、
ジャコバン派(フランス革命)、イエス・キリストや
キリスト教などが頻繁に出てきて、それらがその時代、
その国や地域で躍進した秘密が書かれています。


20歳の頃読んだヒトラーの「わが闘争」、マキャベリ語録、
夏目漱石の「こころ」、太宰治などよりも危険な本です!
書かれていることがすべて冷徹でヤバいです。
僕はほぼすべての文章に線を引くはめになりましたw
僕の47年の人生の中で最も危ない本でした。


特に僕たちのように戦後教育を受けている世代には
毒が多い書物です。でも、読破すると人間や世の中、
そして世界に対する景色が一変します。


大衆運動とか社会運動を起こそうと悩んでいる人は必読です。
反面、単なる政治家とか経営者とかやそれらを目指す人には
不要で有害かもしれません。とにかく、頭の中をジャムの
ようにされて、生まれてから自然に身についている戦後日本に
蔓延る個人主義を徹底的に破壊されてしまいますから、
読むには覚悟が必要です。


余談ですが、戦前の日本人もこの本を読む必要はありません。
ホッファーの洞察が当たり前過ぎると感じるはずだからです。
それから、中国やロシアではこの本間違いなく禁書になってると思います(笑)


もう一度言いますが、なんらかのムーブメントを起こしたい人は
必ず買ってください。今、僕の頭の中でヴィルヘルム・ケンプが弾く
ベートーヴェンのピアノソナタ「熱情(アパショナータ)」が
けたたましく鳴り響いています。


PS
すでにお亡くなりになっていますが高根さんの翻訳見事です。
ホッファーの思想がダイレクトに伝わってきました!


▼English(英文)
In this book, the Nazis, Bolshevik, the communist party
of Soviet, Jacobins, the French Revolution, Jesus Christ,
Christianity and so on are frequently appeared. There is
also a secret in the book which they were dancing in
their age and their area.


This book is more danger than some books I ever read
when I was about 20 such as Mein Kampf written by
Adolf Hitler, words of Niccolo Machiavelli, Kokoro written
by Souseki Natsume, and some books of Osamu Dazai.
All things in the book is expressed cool-headed and
heavy. I'm obliged to line almost articles with a orange
pen. This is the most perilous book in my 47 years life.


Especally, this book is hazardous for our generation who
have received postwar education. But, if we read though

it, our view for human being, society and the world would
change.


A person who want to launch a mass movement or a
social movement had better read the book. On the other
hand, this book may not be suitable for a person who is
a mere politician or president or who want to be them.
Any way, you get a grip on yourself because the book
may make your brain jam and destroy your individualism
overgrew in post war Japan thoroughly which you have

acquired from you were born. Therefore, you need to
readiness to read it.


By the way, a person who was born in prewar in Japan
had not better read it because they ought to feel Eric
Hoffer's thought in this book is too normal. In additon,
this book would not be published in China and Russia!


If I may repeat, a person who start some kind of
movement must buy it. Now, Beethoven's Appassionata
played by Wilhelm Kempff is now resounding in my head
noisily.


Postscript
Mr. Takane's translation is quite nice who already passed

away. I was touched by Hoffer's thinking through his translation.


(参考)
完全教祖マニュアル - 宗教の本質はむしろ反社会性にこそある
操られてはいけない!「プロパガンダ」 広告・政治宣伝のからくりを見抜く
社会心理学の古典的名著「群衆心理(ギュスターヴ・ル・ボン)」を読破!この本ヤバイ!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。