宿命に翻弄された日本人たちの顔! 図録「日本史の人物」2000 別冊歴史読本

図録「日本史の人物」2000 (別冊歴史読本 絵解きシリーズ)

図録「日本史の人物」2000 (別冊歴史読本 絵解きシリーズ)


左上から
上杉謙信、武田信玄、足利尊氏、松尾芭蕉、後醍醐天皇
紫式部、徳川家康、豊臣秀吉、宮本武蔵
織田信長、明治天皇


左上から
紫式部、徳川家康、豊臣秀吉、宮本武蔵
織田信長、明治天皇


左から
足利尊氏、松尾芭蕉、後醍醐天皇


左から
上杉謙信、武田信玄、足利尊氏


歴史が人物を作り、人物が歴史を変える。


聖徳太子(厩戸皇子)の肖像画


北条政子坐像


巻頭特別企画「日本歴史の人物像」坂本太郎
また人には運不運のあることも見逃せない。人智をもっては
如何ともし難い宿命に翻弄されるのは人の世の定めである。


ある伝説に語られた人物には、それを伝説の中に生きさせようとしてきたに
違いない人々の思いが込められているのです。


Special Thanks !!  この本の発行に携わった人たち
1993年1月23日印刷 1993年2月23日発行



もう20年以上所有しているのですが、
時々パラパラと眺めています。
恐らくこの本は一生自分のそばに置いておくと思います。
日本史に現われた 2000人の肖像が
ただ順番にひたすら羅列されているだけの本なのですが、
どんな本よりも雄弁に日本の歴史を語ってくれます。
名著と呼べるでしょう。


2000人の生き様や死に様、
彼ら、彼女らが生きた時代の出来事や精神などを
頭に浮かべながら眺めると
この本はますますオーラを発します。


歴史読本シリーズは良書が多いのですが、
中でもこの図鑑は凄まじい迫力で
読む者のハートに迫ってきます。


あと、「人には運不運があることも見逃せない」と
言い切る坂本太郎さんの文章も名文ですし、
民衆の心を主眼とするスタッフの編集の方針は見事です、"あっぱれ"です。
この本は歴史的名著だと思って僕は 20年間大切にしています。


▼English(英文)
I have owned this book for more than 20 years and sometimes
read it easily. I will maybe continue to keep it for the rest of my
life. This book is made up of 2000 portraits in turn who appears
in Japanese history. This picture and illustrated book gives a

description of Japanese history rather than any other books or
magazines. It's a great book, isn't it?


If we read it with considering 2000 person's way of life or
death and events or spirit in their age, the book emits aure more

and more.


I think there are many good books in the series of Rekishi Dokuhon.
Especially, this book has a fierce force, and urges our heart strongly.


Further, Taro Sakamoto's writing is a great one; we can't overlook
that people doesn't escape lucky or unlucky by themselves.
In addition, the stuff's editorial policy is fine and wonderful
because they aimed at treasuring the heart of the people.
I have taking care of this book for 20 years because I think the
book is the masterpiece in this country.


(参考)

志士、戦国大名、日本兵、縄文人、宣教師、源氏と平家、教祖や上人、そして弥次喜多が! 



名著「忘れられた日本人(宮本常一)」に深く驚嘆!感激!


日本の歴史を変えた302人 - その時代を峻烈に生きた「日本人たち」
再び断捨離失敗!「日本の歴史を変えた302人」 6年前と同じ捨てられず。。。
吉田松陰 留魂録、150年前の10月27日。
「覚悟の磨き方」 超訳 吉田松陰 不安と生きるか。理想に死ぬか。
「正法眼蔵随聞記講話」に電気ショック
「正法眼蔵随聞記」で僕の読書遍歴も終わる...
人間というもの (司馬遼太郎)
徳川家康の顰像(しかみ像)- 三方ヶ原の戦いで脱糞し大惨敗
徳川家康公遺訓
西郷隆盛 (代表的日本人/内村鑑三著)
上杉鷹山 (代表的日本人/内村鑑三著)
二宮尊徳 (代表的日本人/内村鑑三著)
中江藤樹 (代表的日本人/内村鑑三著)
日蓮上人 (代表的日本人/内村鑑三著)
烈々たる日本人 (ぼくらの先輩たち)
「立ち上がれ日本人」 マハティール首相からのメッセージ!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。