志士、戦国大名、日本兵、縄文人、宣教師、源氏と平家、教祖や上人、そして弥次喜多が!

地図で訪ねる歴史の舞台 -日本- 四訂版 帝国書院

地図で訪ねる歴史の舞台 -日本- 四訂版 帝国書院


地図で訪ねる歴史の舞台 -日本-  帝国書院



この本を眺めると、この日本という国がいかに歴史が
長い国かがわかります。そして、今僕たちが暮らしている
同じ島国の上で様々な出来事や事件が起きていることに
気づかされます。


維新の志士が、戦国大名が、日本軍の兵士が、縄文人が、
宣教師が、源氏が、平家が、教祖や上人が、弥次さんと
喜多さんが、そして幾多の庶民たちがこの国の上を通り
過ぎていきました。


この本を眺めていると鮮やかにそのことに気づきます。


▼English(英文)
If you see this book, you would understand how this country, Japan,
has long history. And then we also realize that a various kinds of
events and accidents have happpend in this island country where
we live now. 


They lived and were died on the land of Japan such as the leading
spirits of the Restoration, Daimyo (Japanese territorial lord) in the
Sengoku Period, Japanese soldiers, people who lived in the Jomon
Era, a preacher of the Cross, the Minamoto family, the Taira family,
The founder and priest of religion, Yaji-san and Kita-san, two characters
from a story called "Tokai Dochu Hizakurige" and many many
common people. 


After all. we are aware of that clearly if we enjoy it.




宿命に翻弄された日本人たちの顔! 図録「日本史の人物」2000 別冊歴史読本



名著「忘れられた日本人(宮本常一)」に深く驚嘆!感激!


日本の歴史を変えた302人 - その時代を峻烈に生きた「日本人たち」
再び断捨離失敗!「日本の歴史を変えた302人」 6年前と同じ捨てられず。。。
吉田松陰 留魂録、150年前の10月27日。
「覚悟の磨き方」 超訳 吉田松陰 不安と生きるか。理想に死ぬか。
「正法眼蔵随聞記講話」に電気ショック
「正法眼蔵随聞記」で僕の読書遍歴も終わる...
人間というもの (司馬遼太郎)
徳川家康の顰像(しかみ像)- 三方ヶ原の戦いで脱糞し大惨敗
徳川家康公遺訓
西郷隆盛 (代表的日本人/内村鑑三著)
上杉鷹山 (代表的日本人/内村鑑三著)
二宮尊徳 (代表的日本人/内村鑑三著)
中江藤樹 (代表的日本人/内村鑑三著)
日蓮上人 (代表的日本人/内村鑑三著)
烈々たる日本人 (ぼくらの先輩たち)
「立ち上がれ日本人」 マハティール首相からのメッセージ!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。