ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 スポリート ムラウチドットコム  決意50才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

玉の浦椿の実が弾けて割れて、タネが見えて、タネが落ちるまで

弾けて割れて、タネが見えた玉の浦椿の実
平成30年(2018年)10月3日 村内伸弘撮影


割れ始めた玉の浦椿の実
平成30年(2018年)9月30日 村内伸弘撮影



さあ、いよいよ玉の浦椿、赤く染まり熟しました。あとは実が割れて、タネが弾け飛ぶのを待つばかりです!ラストスパートです!どうぞご覧ください。


真ん中と下の椿の実が割れました

▼9月20日

あっ!!真ん中の「実」と下の「実」が割れています!!


上の「実」


真ん中の「実」
うわーっ!!割れました!!見事に弾けました!!!!


真ん中の「実」


真ん中の「実」、もはや「実」の色は赤ではなく茶色になっています。そして大きく割れ始めました!


上から見た真ん中の「実」


同じく上から見た真ん中の「実」


パッカリ割れてますね!
上から見るとよくわかりますが、これで後はタネが下に落下すれば玉の浦は子孫を増やすことができるわけです。


下の「実」


下の「実」の割れっぷりはお見事!実は大きく開いて、タネがむき出しになっています!!


見えないところの「実」


▼9月21日


▼9月23日

真ん中の「実」


下の「実」


見えないところの「実」



種が地面に落下しました

▼9月25日

上の「実」


地面に落下した椿の実
タネが地面に落ちているこの画像はまさに植物たちの繁殖計画そのものです。繁殖戦略そのものです。すごいです!!これで植物は自分たちの生存エリアを広げていくんです!!


玉の浦椿の種(タネ)


拾って僕の手の平に乗せてみました。


ペットボトルを切って、1粒1粒、タネを植え付けていきます


位置決め


こんな感じで植え付けた場所がわかるようにペットボトルを埋め込みます。


埋め込んだペットボトルの真ん中に穴を空けます


空けた穴に玉の浦のタネを落とします。


ハイ!こんな感じでタネを土に埋めます。
特に何かを施すわけではなく、自然の掟に沿ってそのまま埋めました。


あとは土をかぶせて、タネが乾燥しないように水を蒔いて完了~
※水まきはしばらく続けます


椿の実生(みしょう)、スタートです!!!!!!!!


芽よ出ろ、芽よ出ろ、発芽しろ~☆



▼9月26日

上の「実」がまだ割れません。。。。


真ん中の「実」


下の「実」のタネはぜんぶ地面に落ちました。




見えないところの実が割れました

▼9月28日



真ん中の「実」もぜんぶ地面に落ちました!


見えないところの「実」が割れ始めました



上の実が割れました

▼9月29日 夜

9月下旬の様子


会社からの帰りにおばあちゃん家に寄ってみたら上の「実」割れてました。


割れた上の「実」


上から見た上の「実」


下から見た上の「実」


見えないところの「実」


▼9月30日

上の「実」


アリさんが割れ始めた上の「実」の上で遊んでいます(^^)


玉の浦椿の実とありんこ


劇的な一瞬です。


真ん中の「実」もぜんぶ落ちました。


下の「実」もすでにぜんぶ落ちています


見えないところの「実」も徐々に開き始めています。


▼10月1日

上の「実」


見えないところの「実」


▼10月2日

上の「実」は実が一番大きかっただけあってタネが充実しているようです


タネ!まさに命(いのち)が詰まっている感じです!!!!


すごい充実ぶり!!


人面ダネみたいですね~


真ん中の「実」、タネを全部落としきっています!


下の「実」、同じくタネを全部落としきっています!


見えないところの「実」も全部タネが落ちました。


▼10月3日 朝

最後に残った上の「実」もタネが落ち始めました。


怒ってる?なんだか大きく口を開けて怖い感じですけどw


ガブ~っ!噛まれるぞ~~
玉の浦椿の実、怖い~ はっはっはw


この立派なタネを見よっ!!


上の「実」のタネ


これはこの場所と室内の鉢に植え付けました。
春が来る頃、芽を出してくれることを祈っています。
玉の浦椿の実生(みしょう)にチャレンジです!


▼10月3日 夕方

口を大きく開けた状態の上の「実」



▼10月4日

上の「実」、タネが次々に落ちていきます。


▼10月5日

自然ってつくづくスゴいですよねっ!!
この写真、玉の浦が命の素である種(タネ)を必死で地面に落とそうとしているのを感じませんか?


大きく開いてタネを落とす=命を繋ぐ(つなぐ)


この自然のメカニズムには感動させられます!!



▼10月5日 夜


▼10月6日

上の「実」


横から見た上の「実」



▼10月7日

タネ、ぜんぶ落ちました。


これでこの玉の浦の木のすべてのタネが落ちました。


玉の浦椿の種(タネ)



最後にもう一度書きますが、これは玉の浦の実生(みしょう)へのチャレンジの始まりです。この親木の根元に今回落下したタネのほとんどを埋めています。
※一部は室内の鉢に埋めています


来春、僕が植え付けたタネから芽が出たらブログでお知らせいたします。
それでは皆さんごきげんよう~☆



▼10月8日


▼10月9日


▼10月10日

なんだかシイタケみたいですね 笑


▼10月13日

タネを全部落としきって、役目が終わった感じ。出がらしのお茶のようです。


▼10月14日

雨に濡れた玉の浦椿、美しいです。




玉の浦椿の実ができて、赤く染まり熟すまで

玉の浦椿の実ができて、赤く染まり熟すまで




▼あわせて読みたい関連記事

椿の挿し木成功

椿の挿し木成功 - 冬挿しと春挿しで活着した名椿「玉の浦」


玉の浦椿(玉之浦椿)

世界に冠たる幻の椿「玉之浦 / 玉の浦(ヤブツバキ)」を植え付け。長崎県五島列島原産の幻の銘花


玉之浦 / たまのうら

玉之浦 - 白覆輪の五島の銘椿、紅白に咲きました!


濃紅地に白覆輪!名花「玉之浦(玉の浦)」

玉之浦椿 - 濃紅地に白覆輪の名花 観察日記(蕾~開花~落花の記録写真)


玉之浦椿 - ツバキのおしべ、めしべ、花弁(花びら)の数

玉之浦椿の観察 - ツバキのおしべ、めしべ、花弁(花びら)の数を調べました


世界的名花「玉の浦」 - 'たまのうら/Tama-no-ura'

世界的名花 玉の浦の生長・開花写真 - 長崎県五島のうつくしいツバキ


氷柱(つらら)と玉の浦

雪と玉の浦

つららと玉の浦、雪と玉の浦の幻想的な写真。平成30年八王子大雪のプレゼント~♪♪


長崎が生んだ名椿・玉の浦(たまのうら)

暗がりと玉の浦 - 暗闇の中の美、そして情緒。


うつくしく咲く椿「玉の浦」

春の光と玉の浦 - 春の陽射し、春の太陽。


春の雨に打たれながら美しく光る「玉の浦」

春の雨と玉の浦 - 春雨に打たれ、光るうつくしい椿の姿。


散り落ちた椿・玉の浦(たまのうら)

散り落ちた玉の浦 - 春の朝日に当たる落ち椿


最高の新緑!玉の浦の若葉

最高の新緑!玉の浦のテカテカと照る若葉、キラキラと光る若葉


椿の実

玉の浦椿の実が大きくまんまるになりました


椿の挿し木に成功

椿の挿し木の時期 - 玉の浦の挿し木失敗事例と挿し木成功事例


NHK趣味の園芸 人気品種と育て方 ツバキ、サザンカ - 日本ツバキ協会 編 NHK出版

20円で買った本: 日本ツバキ協会編 ツバキ、サザンカ(NHK趣味の園芸・人気品種と育て方)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。