ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 スポリート ムラウチドットコム  決意50才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

まぶしい映画「坂道のアポロン」 数々の美しい涙!あんな青春が僕も良かったな~

心震わせ泣ける映画です。もしも一度だけ生まれ変われるのなら、1966年の佐世保がいいなと思える切なくも輝かしい青春映画です。


映画「坂道のアポロン」のパンフレット

購入した映画「坂道のアポロン」のパンフレット
中川大志(左)、知念侑李(中央)、小松菜奈(右)



ヒューマニズムの勝利です。
誰しも人生やり直しがきかないけど、あんな青春が僕も良かったな。ああいう人間たちがいいな。と思える映画です!
ステキなステキな映画で、僕は何度も何度も涙しました!!


前売り券(ムビチケ)を買っていたので 3月14日の朝一(9:30)、多摩センターの映画館に観に行きました。以下、僕の「坂道のアポロン」感想文です。「とってもいい映画ですのでぜひあなたも映画館へ行って鑑賞してみて下さい。」が僕の結論です(^^)




「坂道のアポロン」予告編


映画「坂道のアポロン」公式サイト



1966年の青春が、人生がこの一本に凝縮されていました。


1966、長崎、佐世保、制服、教室、ロザリオ、懐かしい商店街、ジャズセッション、レンガの地下室、学生運動、グループサウンズ、文化祭。


友情と苛立ち、ガサツと繊細。
美しい長崎の海、美しい長崎の教会、
そして数々の美しい涙。


ドリーミーな映像やジャズナンバーとノスタルジックな空気感、
俳優さん達の夢中の演技とあったかな長崎弁(佐世保弁?)。



ああ、僕もあの時代の長崎に生まれたかった!
あの坂道を行き来したかった。
小松菜奈ちゃんのような女の子と青春を一緒に過ごしたかった 笑
知念侑季くんや中川大志くんのような仲間が欲しかった!!


三木孝浩監督のこだわりが長崎や福岡、大分など九州の情緒を映像美として映画という形にし、作品はすばらしい記録になりました。


若々しい役者さんたちの瞳がきらめき、セリフや身体が躍動し、それを感じた僕たち観客の心がキラキラときらめくという作品でした。何度も僕の頬を涙が伝いました。


そういえば、
池袋の新文芸坐で見た名作映画「さびしんぼう」のハイライトも雨でした。



大人こそこういう映画を見て、こころ洗われるのが心地よいです。
久しぶりに出会った素晴らしい映画でした!
陽光を浴びた九十九島(くじゅうくしま)や佐世保・白浜海水浴場の海のように抜群にきらめいている映画でした!!


この映画が、そしてこの映画に関係した役者さんやスタッフの皆さんたちが訴えた大事なものを僕はこれからの人生の中で大切にしていきたいと思います。



スミマセン。
まだロードショーがスタートしたばかりなのでネタバレにならないように抽象的なレビューにしてあります。


騙されたと思って、「坂道のアポロン」観に行ってみてください。
これは 1966年だけではなく、2018年でもキラキラキラキラ輝いて、まぶしさとなつかしさと人の心のやさしさを体全体で感じることができる名作映画です。


放心状態でエンドロールを最後まで見届け、しばらく座席で目を瞑(つむ)って、僕は彼らの一生ものの友達や恋を心の中で祝福しました。



青春は終わっても、人生というセッションは続いていく。

細谷美香 / 映画ライター

アポロンのキャラクターたちがあの時代、あの場所で生きていました。

小玉ユキ/原作者



映画「坂道のアポロン」のムビチケ


多摩センター

多摩センター


イオンシネマ多摩センター

イオンシネマ多摩センター


坂道のアポロンの映画鑑賞券

坂道のアポロンの映画鑑賞券


坂道のアポロン

僕が写り込んじゃってますw
どうかこの僕の顔を小松菜奈さんが見ますように(祈) 笑


小松菜奈ちゃん - 坂道のアポロン

小松菜奈ちゃん 大ファンです。
ファッションモデルでもありますが、澄みわたったピュアで曇りのない雰囲気が女優として卓越していると感じています。


坂道のアポロンの映画パンフレット

小松菜奈(左)、知念侑李(中央)、中川大志(右)


若い役者さん達に負けず、律子のお父さん役・中村梅雀さんと薫の伯母さん役・山下容莉絵さん、それぞれ役に徹して、素晴らしかったです。


映画パンフレット 「坂道のアポロン」


パンフレットは鑑賞後に買いました。
パンフレットを読むとより深くこの名作映画を理解できます。
ぜひ、一緒にお求め下さい。
※原作を読んでいない方はネタバレを避けるため鑑賞後がいいかな!?(^^)



▼あわせて読みたい関連記事

「坂道のアポロン(KIDS ON THE SLOPE)」小松菜奈ちゃん

小松菜奈ちゃんの映画「坂道のアポロン」のダブルフェイス・フォトフレーム付き前売券をゲット♪♪


美しい映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

美しい映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」


「ぼくは明日、昨日のきみとデートする(七月隆文)」  宝島社文庫

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする(七月隆文)」 宝島社文庫


映画「私の優しくない先輩」の感想/レビュー

川島海荷ちゃん、金田哲くんの「私の優しくない先輩」


名画「さびしんぼう」 富田靖子と尾美としのり

名作映画「さびしんぼう」 



▼平成29年(2017年)長崎旅行


シーボルト先生の長崎へ シーボルト宅跡(鳴滝塾跡)&シーボルト記念館


長崎の昼景 360度パノラマの稲佐山展望台から望んだ長崎市内の様子


長崎 南山手の国宝・大浦天主堂 ブルーアワー、ライトアップされた日本最古の教会(世界遺産候補)が美しく煌めく!


長崎は港街&斜面都市 1000万ドルの長崎の夜景!グラバースカイロードから見た世界新三大夜景


長崎 東山手の領事館の丘 石橋電停からオランダ坂を登り、長崎外国人居留地時代の石畳の坂道と石垣へ


長崎レトロ!夜の長崎の街 鉄道発祥の地、長崎新地中華街、浜町アーケード


長崎の眼鏡橋は日本三名橋!ライトアップされた美しい石造り二連アーチ橋


長崎の風情 チンチン電車・長崎電気軌道、和華蘭文化、APAホテルで全額返金に当選~ん!


長崎から諫早へバスの旅、夏の大村湾(琴の海)、長崎ちゃんぽん



▼平成30年(2018年)4月の長崎旅行


空の上から見た笠雲の富士山とディズニーランド。長崎空港到着


長崎港の豪華客船、長崎新地中華街、湊公園、唐人屋敷跡、皿うどん


長崎は鎖国時代の西洋に開かれた唯一の窓口!夜の出島和蘭商館跡と出島橋


夜の長崎柳小路通り、夜の思案橋。福砂屋前でシャボン玉を吹くおねえさん


日本三大花街・夜の丸山界隈(丸山花街)、高島秋帆旧宅など


長崎電鉄(路面電車)の写真撮影会と停留場名称変更情報


死者73,884人 - 長崎平和公園で世界平和を願う。平和祈念像とチリンチリンアイス


浦上天主堂(カトリック浦上教会)は「神の家」、魂のよりどころ


祈りのゾーン。長崎の原子爆弾落下中心地と鉄輪樹の木と折り鶴 - 1945 8.9 11:02


ナガサキ: 長崎原爆資料館で涙しました 悲しき別れ-荼毘(A sad farwell)と永井隆博士の如己愛人


ナガサキ: 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館で永遠の平和を祈りました


学びのゾーン。長崎市歴史民俗資料館(原爆殉難教え子と教師の像・長崎古賀人形)


キリシタン墓地の聖母マリア像に心打たれる。浦上天主堂を望む風渡る丘の上の経の峰共同墓地で


長崎山王神社の一本柱鳥居(原爆で片方が吹っ飛んだ二の鳥居)


被爆クスノキ 原爆の爆風と熱線に耐えた長崎山王神社の大クス


長崎・浜市アーケードを「浜ぶら」、岩崎本舗の長崎角煮まんじゅうを一気に飲み込む!うまい!!


長崎の坂 7大有名坂の地図と写真 + 長崎喧嘩騒動の天満坂


【長崎世界遺産の美しい動画】必見!祝・世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」



▼平成18年(2006年)大分・熊本旅行


大分:国宝の臼杵磨崖仏とご対面~ん


大分:毎日が地獄です (別府温泉・鉄輪温泉)


大分:ふらりふらりと歩いた豊後高田は「昭和の町」


大分:「風のハルカ」の湯布院へ


大分:ブタの背中に乗っちょります


熊本:阿蘇の大自然に驚くのぶひろ




▼平成17年(2005年)福岡・佐賀・長崎旅行


福岡・柳川 川下り「どんこ船」とうなぎのせいろ蒸し


佐賀・伊万里 伊万里焼 “秘窯の里” 大川内山


佐賀・嬉野温泉 日本三大美肌の湯・うれしの温泉


長崎・平戸 松陰青春の地を訪れるのぶひろ


長崎・佐世保 九十九島絶景クルーズと佐世保バーガー


長崎・佐世保 「昭和43年1月、エンプラ事件」 の現場へ行ってきました。


長崎・佐世保 佐世保港と九十九島の夕日


佐賀・有田 柿右衛門など有田焼窯元めぐり


佐賀・佐賀空港近く 白鷺(しらさぎ)が舞う


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。