ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け♪♪ ムラゴン、ブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 イエツク スポリート ムラウチドットコム  決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

夾竹桃(キョウチクトウ)の挿し木に成功!植え替えへ

夾竹桃(キョウチクトウ)の挿し木

夾竹桃(キョウチクトウ)の挿し木に成功
平成29年(2017年) 9月3日 村内伸弘撮影



燃え立つような夏の花・夾竹桃(キョウチクトウ)


夾竹桃(キョウチクトウ)漢名で「竹のように幅の狭い葉っぱを付け、桃に似た花をさかせる植物」という意味です。夾竹桃は常緑小高木で開花期は 6月~9月、夏の間、サルスベリと並んで美しい花を咲かせる夏を代表する花木です。


但し、葉にも花にも毒性があるようなので管理には注意が必要です。
熊本県上益城郡では「毒木(どくぎ)」、鹿児島県与論島では「毒桜(どくざくら)」と読んでいるようです。原産地の一つ・インドでは毒性と麻酔性の強い夾竹桃を「馬殺し」と呼んで、堕胎などに用いたそうです。
(百日紅・夾竹桃 夏の花「週間四季花めぐり」より)



夾竹桃(キョウチクトウ)は広島市の市の花でもあります。昭和48年(1973年)原爆犠牲者を慰霊する意味を込め市の花と制定されました。


広島市の市の花(キョウチクトウ)


75年間草木も生えないといわれた焦土にいち早く咲いた花で、当時復興に懸命の努力をしていた市民に希望と力を与えてくれました。


開花は夏で特に8月6日の平和記念日のころに花の盛りを迎え、咲き競う美しさはひとしお感慨を新たにさせます。

広島市ホームページより



広島と長崎に先の大戦で原子爆弾が落とされました。


廃墟となった広島には放射能の影響で 75年間は樹木は生えないだろう言われたそうです。しかし、この夾竹桃がいち早く花をつけたんだそうです。私たち人類が初めて体験する悲劇、この原爆被害にうちひしがれる広島市民を勇気づけたのがこの紅い花だったそうです。


長崎でもまったく同じようにこの夾竹桃の花がいち早く咲き、その燃えるような紅い花が復興のシンボルとして焼け野原となった長崎の市民たちを勇気づけたそうです。今も夏になると西坂の丘(日本二十六聖人殉教地)など長崎市内各所ではこの夾竹桃がきれいに咲き誇るそうです。




さて、僕・村内伸弘は 8月にその夾竹桃の挿し木をして成功し、露地への植え替えにも成功しました!夏の強い日射しと夏の青く澄んだ空がとても似合うこの夾竹桃に僕は魅せられて、育ててみようと思ったのですがなんとかうまくいきそうです。



夾竹桃(キョウチクトウ)の挿し木と植え替えの様子、どうぞご覧ください。



▼9月3日 夾竹桃(キョウチクトウ)の挿し木

挿し木で根付いた夾竹桃(キョウチクトウ)

挿し木で根付いた夾竹桃(キョウチクトウ)
8月にご近所さんにお願いして、その方のお庭に咲いていた夾竹桃のひこばえ(10cmぐらいの穂木)を何本かもらいました。ヤマユリの鱗片挿しをしていたプランターがあまったので、そこに適当にぶっ挿して、乾燥させないため水やりをこまめにしていたら、この 1本だけ挿し木に成功しました!


根付いた夾竹桃の差し穂


この 1本だけ生き残りました。強靱な生命力を持っているのでしょう。


水をかけたらより美しくなりました!
この差し穂が生長して、将来、夏の青空に映える真っ赤な花を咲かせると思うと嬉しくなってきます!!


プランターの中の夾竹桃の差し穂


生き残った緑と枯れてしまった茶色のコントラスト


写真を見ると、緑色というのはやはり生命(いのち)の色ということを感じます!!



他の挿し木はすべて枯れましたが、この株だけは見事枯れませんでした。「枯れていない」ということは、「発根した」ということです!!やりました!!!!


挿し木成功です(^^)




▼9月22日 夾竹桃(キョウチクトウ)の植え替え

夾竹桃(キョウチクトウ)の植え替え

善は急げ!ということで、寒くなる前に挿し木に成功した夾竹桃(キョウチクトウ)を掘り出して露地植えにしてみます。


ここに植え付けてみます。


穴を掘りました。


写真下部に白っぽい夾竹桃の根が何本か見えますね!


皆さん、白っぽい夾竹桃の根見えますよね?枯れていないんでもちろん大丈夫だと思ってましたが、やっぱり発根していました。挿し木で繁殖したこの株を露地に植え付けます。


夾竹桃、プランターから露地に植え替えしました。
まだ小さいんでカンタンに植え付けできました。ものの数分です ^^


何回か上から水を掛けました。
やや深めの緑色がうつくしいです!生命そのものの色です!!


指先で軽く押して、土を固めます。


僕が暮らす東京都八王子市は冬の間霜が降りる日もでてきますので、こんな感じで石が敷き詰められている場所に植え付けました。


この場所で最後まで育てるかどうかは後で決めますが、大きく育てたいのでとりあえずは地植えしてしまいます。冬の間ちょっと寒いかもしれませんが、夾竹桃くんも栄養をたくさん吸収して、自由に根を張りたいだけ張れるので地植えされて嬉しがっていると思います。


水をやって夾竹桃の植え替え完了~☆


さあ、うまく育つかな~!?




▼11月5日 植え替え後、約1ヵ月半

大丈夫そうですね~!
夾竹桃(キョウチクトウ)、枯れていません。


植え替え成功です!


植え付け後しばらくは水やりだけ欠かさないようにしていきます。



豊かな紅色に彩られた夾竹桃の花が天に向かって気高く咲く日まで僕はこの花の生長に目をかけていきます。




(おまけ)
今年の夏咲いた普通の紅花さるすべり

紅花さるすべり

紅花のさるすべり


夾竹桃(キョウチクトウ) 週間四季花めぐり

百日紅(さるすべり) 週間四季花めぐり

灼熱の太陽と競って咲く情熱の花木



▼あわせて読みたい関連記事

サルスベリ 夏祭り(ペパーミントレース)

サルスベリ 夏祭り(ペパーミントレース)の花びら
平成29年(2017年) 8月7日 午前9時 村内伸弘撮影


サルスベリ「夏祭り(ペパーミントレース)」

僕が植え付けたサルスベリ 夏祭り(ペパーミントレース)
平成28年(2016年) 9月27日 村内伸弘撮影



サルスベリ夏祭り(ペパーミントレース)との出会い

夏の可憐なピンクの花、サルスベリ(百日紅)を大大激写!



矮性サルスベリのポコモック

矮性サルスベリのポコモックを植え付け - シュラブツリー


矮性サルスベリのポコモック

サルスベリの矮性種「ポコモック」が咲きました


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。