白襷隊 - 日露戦争・旅順攻囲戦の決死隊

日露戦争・白襷隊(しろだすきたい)

白襷隊(しろだすきたい)


神風特攻隊については、我が国では時々(定期的にと言っても
いいのですが)映画が上映されて脚光を浴びますが
この白襷隊に関しては、歴史の彼方に忘れ去れてしまっている感があります。


白襷隊は、日露戦争の旅順攻囲戦で、志願兵からなる決死隊として
夜間ロシア軍要塞に銃剣による奇襲攻撃を仕掛け、失敗。
ほぼ壊滅してしまった部隊です。


中学生の頃、「二百三高地」という日露戦争の映画を立川の映画館に
見に行ったときに、僕は日本軍の凄まじい戦いぶりをスクリーンで見たのですが、
いまだにあの鬼気迫る先輩たちの姿を思い出すと身震いしてしまいます。


白襷隊はじめ明治の人たちは国家の存亡を賭けた戦いによくぞ打ち勝った。
当時の日本人は純粋で、勇敢で、覚悟があったと思います。
明治の精神を忘れずに僕もがんばります。


ロシアのクリミア編入の折、思い出して書いてみました。


▼English(英文)
The "Kamikaze" created by the special attack teams sometimes
or regularly gets into the limelight in my country, Japan, with
being shown the movie about them. However, this "Shirodasuki"
created by same ones seems to have been forgotten.


"Shirodasuki" made up of a large number of applicants attacked
on Russia's fortress at the investment of Port Arthur, Ryojun, at
night as the death squad in the Russo-Japanese War. But, the
bayonet attack was failed completely, and the force was almost
ruined.


When I was a junior school boy, I went to see the film named "The
203-Metre Heights" about that war to the movie theatre in Tachikawa.
The cinema depicted our superior's fierce fighting style. I still would
shudder if I remember our elder's unearthly figures on the screen
at that time.


Thank you very much for "Shirodasuki" and the Japanese people
at Meiji era to win the war which decide whether Japan as a modern
state is survived or not. You got it indeed! I really feel that the then
all Japanese in those days as well as "Shirodasuki" were pure,
courageous and preparation for the worst. With recalling the spirit
of Meiji era, I'd like to keep doing my best.


On the occasion of merging the Crimea by Russia, I decided to write
this blog entry while remembering.


(参考)

松山: 坂の上の雲ミュージアム(近代国家をめざす明治の日本) 



5月27日、陸軍輜重兵だった祖父のお墓参り


酔題馬関旗亭壁(伊藤博文の漢詩) & ポーツマスの旗(伊藤博文の名場面)
映画「永遠の0(ゼロ)」感想 享年26歳、命輝かせた特攻隊員
「 TOKKO -特攻- 」感想  KAMIKAZE(命の再生)
「俺は、君のためにこそ死ににいく」感想
硫黄島からの手紙 - クリント・イーストウッド監督
戦後60年。今井雅之さんの情熱舞台「 THE WINDS OF GOD 」
JYMA 日本青年遺骨収集団(ガダルカナル島自主派遣)からクラウドファンディングの寄付へお礼の絵葉書
九段・靖國神社の八重桜と、新緑と、青空と。
夏の終わり、蝉時雨の靖国通りを歩く


泥まみれの死 沢田教一ベトナム写真集

「泥まみれの死」 沢田教一ベトナム写真集

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。