ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け♪♪ ムラゴン、ブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 イエツク スポリート ムラウチドットコム  決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

枯れたヤマユリの朔から採れた肉厚のない薄くて軽く種(タネ)

生長中の真緑色のヤマユリの朔(さく)

生長中の真緑色のヤマユリの朔(さく)
平成29年(2017年) 9月10日 村内伸弘撮影


落下(絶命)寸前のヤマユリの朔

嵐に打たれ落下(絶命)寸前のヤマユリの朔
平成29年(2017年) 10月23日 村内伸弘撮影


落下したヤマユリの朔から採れたヤマユリの種(たね)

落下したヤマユリの朔から採れたヤマユリの種(たね)

落下したヤマユリの朔から採れたヤマユリの種(たね)
平成29年(2017年) 10月25日 村内伸弘撮影



7月頃、満開になったおばあちゃん家の庭のヤマユリから種を採ろうと思って、今までずっと朔(さく/朔果)の観察を続けてきました。ある朔は完全に枯れ、ある朔は肉厚の立派な種を作り出す直前に枯れました。結論としては、良い種を採種することはできませんでした。


でも、7月中旬~10月下旬にかけて僕が撮り続けたヤマユリの朔の記録が残りましたので皆さんにご覧頂きたいと思います。


この記録がいつか誰かのお役に立てば望外の幸せです(^^)/
ログログ(=記録)なのでネット上に記録しておきます。



▼7月3日

つぼみの状態のヤマユリ(左)と咲き誇るヤマユリ(右)


▼7月14日

咲き終わり、散ったヤマユリ
写真右上部の緑色の筒型部分が種を宿す朔(さく)になっていきます。


▼7月17日

わかりますか?
これから右と左の筒状の部分が発達して朔(さく)が出来はじめます。


まだ子房と呼んだ方が良いかもしれません。これからこの部分が生長して、ヤマユリのタネができていきます。


▼7月18日

生命の根源である種(たね)を生み出す部位だからでしょうか?神々しいほど美しい緑色です!!



▼7月18日

梅雨の時期のヤマユリの子房(朔/さく)


▼7月19日


▼7月21日

今年、庭にはたくさんのヤマユリが咲いたのですが、他のヤマユリの株は球根を太らせて、花数を増やそうと思って、咲き終えた段階でこの部分(子房)を折り取ってしまっています。そのまま子房を付けておくとタネのために余分な栄養がとられてしまうんです。茎葉は球根に栄養を送る部分なので自然に枯れてくるまで切り落としませんが、子房は摘んでしまっています。


ですので、この付近の数株だけがまだ子房をつけているのです。なんとか、写真のこの子房が朔に生まれ変わり、秋にヤマユリのタネを採種できると嬉しいです!


▼7月24日


▼7月25日


▼7月29日


▼8月2日


▼8月3日


▼8月12日

あれれれ・・・・
元気なくなってきちゃった~ぁ


▼8月13日

ありゃりゃ~~
左側の子房は根元が萎んできちゃった~~


右側の子房は特になにもなく大丈夫そうです。


▼8月14日


▼8月15日

うわっ!左側の子房、茶色く変色して見るからに枯れ始めてしまっています。。。


▼8月17日

左側の子房、さらに黒みががってきてしまっています。



▼8月19日

左側の子房、完璧に枯れてしまいました。。。。。涙


この真っ黒な物体には生命を感じません。ご臨終です。。。


▼8月20日

右側の子房に期待をつなぎます。


▼8月22日

むむむ・・・ み、み、右側の子房も縮み始めちゃった~っ


▼8月24日

ぐわ~っ、右側の子房も水気(みずけ)がなくなって、萎んでしまっています。


黄ばんでるようにも見えますし、生命が宿っていないことがハッキリわかります。


▼8月26日

涙。涙。この子房もタネを実らせることがありませんでした。この株はこれで子房はゼロになり、この株からヤマユリの種を採種することはできなくなりました。


▼8月28日


▼9月1日

この株は茎や葉はとても健全ですので、ヤマユリ自体がタネに養分をとらせず、球根や茎葉の伸長にその分の養分を回すことを決定し、自ら子房を落としたのかもしれません。植物の行動は奥深いです!!


▼9月3日



残念~ん
結局、このヤマユリの株の子房(朔/さく)は全部枯れてしまいました・・・・


日付を遡って、別の株の子房の状況をご覧ください。
  ↓↓↓↓↓


▼8月7日

縦に立った感じのヤマユリの子房(朔/さく)


▼8月12日



▼8月19日

日に日にちょっとづつ膨らんでいるような気がします(^^)


▼8月22日

僕の指先と大きさを較べてみてください。


▼8月24日


▼8月26日

膨らんできていますよねぇ!?


▼8月28日


▼9月1日


▼9月6日


▼9月10日

朝日を浴びるヤマユリの株


朝日に光輝くヤマユリの朔(さく/朔果)


とってもキレイな緑です!どんどん膨らんでもきています!!
朔く~ん、種をギッシリ実らせて~~☆


▼9月13日


▼9月16日

更に先っぽが丸く膨らんできた感じです。いい感じ、いい感じ~


▼9月20日


▼9月22日


▼9月28日

ぷっくらと朔は膨らんできました。心配なのは茎と葉が茶色くなって枯れてきてしまっていることです。。。


アブラムシがたかっています。


上から見たヤマユリの朔


▼10月1日


▼10月6日

ヤバイです・・・
一番上の朔(さく)の部分を除いて、茎葉はもはやすべて枯れてしまった様子です。種(たね)が採れる 11月中旬までなんとか朔だけは枯れないで欲しいです。



▼10月8日


▼10月10日

なんとか、朔の部分だけ緑色をキープしています。



▼10月12日

あ~っ。。。朔の下部が白っぽく変色し始めてしまいました・・・・


▼10月16日


▼10月20日

がんばれ朔く~ん!!



だがっ・・・・



▼10月23日

10月22日の総選挙の日に列島を襲った台風21号は過ぎ去りました。


垂れ下がるヤマユリの朔。
朔の中の種が熟す前に、茎から落ちる寸前になってしまっています。もう朔の命は風前の灯火(ふうぜんのともしび)です。


▼10月25日

ああああ、、、、
とうとう、ヤマユリの朔(さく)落ちてしまいました。
朝、おばあちゃん家の庭に行くと、残念無念・・・
朔は茎から落ちてもう見当たりませんでした。


落っこっていた朔を拾い上げます。


落果した朔


下半分が茶色く変色した段階で落ちてしまいました。



自然落果してしまった時点で、朔(さく)の中の種(たね)は一体どうなっていたんだろう?素朴な疑問から、朔の中を覗いてみることにしました。


種(たね)はギッシリつまっていました!!


落ちた朔の中のヤマユリの種(たね)


おっー!種が詰まっていました!!


落ちたばかりで拾ったので、まだ朔の中はみずみずしい感じです!!


種を取り出してみます。


朔の内側


取り出したヤマユリの種(たね)


でも・・・
息を吹き掛けると吹き飛んでしまうほど、軽くて、薄くて、肉厚のないか弱い種(たね)ばかりでした。やはり 11月の中旬までしっかりと育ち、熟した朔じゃないといい種は得られないようです。


一応か弱いながらも種の形をしていて、まだしっとり湿っていて死んではいない感じだったので、とりあえずプランターの土の中に埋めておきました。生命力が弱いのでたぶん発芽しないと思いますが。。。



種の蒔き方は下記の去年の記事をご覧ください。

(参考)

朔果から種を採り、タネまきした様子

ヤマユリの朔(サク)と種子(タネ)

ヤマユリの朔(サク)と種子(タネ)


ヤマユリの種子(タネ)

ヤマユリの種子(タネ)


ヤマユリの種子繁殖(実生)

ヤマユリの種子繁殖(実生)

平成28年11月15日 村内伸弘撮影



▼あわせて読みたい関連記事

ヤマユリ(山百合/山ゆり)- 八王子市の市花

ヤマユリ(山百合/山ゆり)八王子市南浅川町・一丁平にて


4号ポット苗のヤマユリを植え付け(庭植え)

咲け ヤマユリ! 4号ポット苗のヤマユリを植え付け(庭植え)


ユリ - NHK趣味の園芸・作業12か月 No.18 清水基夫・平城好明

ユリ - NHK趣味の園芸・作業12か月 No.18 清水基夫・平城好明


ヤマユリ -球根の増殖と花の楽しみ方、自生地復元- 小俣虎雄

新特産シリーズ ヤマユリ -球根の増殖と花の楽しみ方、自生地復元- 編著者: "ヤマユリ研究家" 小俣虎雄


ヤマユリの鱗片挿し(鱗片繁殖)

ヤマユリの鱗片挿し(鱗片繁殖)。プランターで発芽に挑戦!


ヤマユリの鱗片定植/植え付け(鱗片バラマキ繁殖)

ヤマユリの鱗片定植/植え付け(鱗片バラマキ繁殖)。レイズドベッドで発芽に挑戦!


ヤマユリの球根を大量植え付け、庭が「ヤマユリ群生地」に

ヤマユリの球根を大量植え付け、庭が「ヤマユリ群生地」へチャレンジ♪♪


ヤマユリの球根を下草や雑草の茂みの中やタイルの下に植栽

ヤマユリの球根を下草や雑草の茂みの中やタイルの下に植えました。


ヤマユリの茎切りと種子繁殖/実生(朔果から種を採り、タネまき)

ヤマユリの茎切りと種子繁殖/実生(朔果から種を採り、タネまき)


ヤマユリの種子定植/実生(種子バラマキ繁殖)

ヤマユリの種子定植/実生(種子バラマキ繁殖)。レイズドベッドで発芽に挑戦!


ヤマユリの冬越し(マルチング)のための敷きわら

敷きわら(マルチング)で霜対策!ヤマユリの冬越し準備完了


鱗片から出たヤマユリの子球

栄養繁殖: 鱗片からヤマユリの子球(小さい球根)が出ていました


球根から出たヤマユリの芽

ヤマユリの芽が出たぁ~ 地上発芽!ヤマユリの球根からついに芽が出ました!!


鱗片挿しで子球から発芽したヤマユリ

プランターで子球から発芽!!鱗片挿しでヤマユリの増殖に成功


ヤマユリの茎葉(ヤマユリの生長)

ヤマユリの茎(茎葉)が急生長!伸長期で草丈がすごい勢いで伸びてます!


ウイルス病にかかったヤマユリ

ヤマユリの病気: 害虫アブラムシ発生!ウイルス病(モザイク病、重複感染)に罹患、発病、枯死、全滅へ。。。


ヤマユリの蕾(ツボミ)

ヤマユリづくし!5月27日のヤマユリたち - 十草十色、植物も人間と同じ。


ウイルス病に感染?した選抜種のメリクロン苗ヤマユリ

選抜種のメリクロン苗ヤマユリの茎葉もウイルス病に感染か!?。。。


ヤマユリの蕾(つぼみ)- 選抜種のメリクロン苗

ヤマユリの蕾が膨らんでます、草丈も1メートルを超えました! 


朝日に輝くヤマユリのつぼみ

美しいヤマユリのつぼみ - アブラムシ駆除に成功した株の蕾が見事に膨らんだ~


朝日を浴びて輝くヤマユリのつぼみ(蕾)

ヤマユリの蕾がグングン大きくなっています。まもなく花開き、咲き出します!


開花したヤマユリの花

ヤマユリ開花しました! 6月下旬、大輪の花を咲かせました!!


ヤマユリの花姿

庭植えのヤマユリ鑑賞 - いい匂い!いい香り!匂い立つヤマユリの花の優しさ、華やかさ!!


雨のしずくとヤマユリ(選抜種のメリクロン苗)

がんばれ病気のヤマユリの蕾!花を咲かせろ~ ウイルス病に勝つか?負けるか?


次々と開花したヤマユリの花

球根から育てたヤマユリの花が 7月に入り次々に開花しています!


清純なヤマユリの花

満開のヤマユリの花!7月の太陽を全身に浴びて光輝く!


ヤマユリの花とムラウチドットコム本社のコリー

ヤマユリの里 八王子!7月7日 七夕のヤマユリたち - でも盗まれてしまいました。。。


ライトアップされたカールしたヤマユリの花びら

七夕の夜、ライトアップされたヤマユリの花。美しいカール。


幸せの花 ヤマユリ

幸せの花 ヤマユリ! 朝の陽光を浴びて煌めくヤマユリの花 1本に 4~5輪咲いています


花壇のヤマユリの花姿

花壇のヤマユリの美しい花姿 - 開花期を迎えたユリの王様の艶姿(あですがた)


夜の路地植え(花壇植え)ヤマユリ

露地植えの神秘的なヤマユリ - 夜、甘く濃厚な香りを漂わせ豪華な花を咲かせています


丸みを帯びたヤマユリの葉っぱ

鱗片挿しでできたヤマユリの子球を庭に植え替え(定植)


鱗片からできたヤマユリの子球を洗う様子

鱗片からできたヤマユリの子球を洗う様子

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。