原種椿の台湾ツバキ(ゴードニア)は樹勢が強い。楕円形で光沢がある厚く大きな葉っぱが美しい。

台湾椿 ゴードニア・アキシラリス(Gordonia axillaris)の花芽

台湾ツバキ ゴードニア・アキシラリスの花芽
平成29年(2017年) 6月20日 村内伸弘撮影





玉の浦など日本の椿は実に芸術的ですばらしいです!


でも、このタイワンツバキ(ゴードニア・アキシラリス)を植え付けて、生長ぶりを日々見ていると南国の椿も捨てがたいな~と思えてきます。というか、青々とした元気な葉っぱを見ているとドンドンこのタイワンツバキが好きになってきます。


名前の通り、台湾とか中国南部、ベトナム、インドシナ半島など暑い地域に自生しているみたいなので、日本のツバキよりもぜんぜん樹勢が強い感じです。光沢がある楕円形の大きな葉っぱが美しいです!


5月1日からのタイワンツバキの様子を時系列で見てあげてください。



5月1日

"原種のツバキ"  台湾椿 ゴードニア・アキシラリス


若葉が出てきています。


黄緑色の若葉がすっごくみずみずしいです(^^)



5月5日

朝日を浴びるタイワンツバキ


5月の朝日を浴びて、タイワンツバキの若葉が黄色に染まっています。



5月11日

一気に生長してきたタイワンツバキの若葉(新葉)



5月20日

ツヤツヤとした光沢がすばらしいです!!これだけ艶がある葉っぱも珍しいと思います。


樹勢が強いです、明らかに!



6月6日

6月初旬の台湾椿 ゴードニア・アキシラリス


厚みのある大きな楕円形の葉っぱの上に雨の粒が乗っています。



6月13日

透き通った雨粒と光輝くタイワンツバキの葉っぱの競演がすばらしいです!!!!




6月17日

枝がたくさん伸びてきて、植え付けた時に較べ面積がどんどん広くなっていってる感じです。この場所だとアッと言う間に手狭になりそうな予感です。。。放っておくと最終樹高は 15mぐらいになるそうなので、かわいそうですがコンパクトに仕立てるために近い将来剪定せざるを得ないんですが、こうやって元気に育ってくると嬉しいもんです(^^)




6月20日

タイワンツバキの葉っぱは楕円形で光沢があり、厚くって大きいです。他のツバキやサザンカの中にあると、この季節だと一番最初に目がいってしまいます。


ちっちゃな花芽がありました。これから蕾になって、純白の花を咲かせてくれると思いますっ!


ゴードニア・アキシラリス(台湾椿) 別名: ダイトウチャ(大頭茶)

元気な"原種のツバキ"、その名はゴードニア・アキシラリス(台湾椿)。
別名: ダイトウチャ(大頭茶)



6月21日

梅雨の一日、ゴードニア・アキシラリスの葉っぱの上の水玉が光り輝いています!!



台湾椿「ゴードニア・アキシラリス」の花期は 11~2月頃らしんですが、問題は南国のツバキなので耐寒性がない(寒さに弱い)そうなのです。冬の冷たい風や乾燥が苦手らしく、寒さに当たってしまうと蕾が痛んだり、花が茶色くなったりしてしまうそうなんです。最悪、枯れてしまうそうです。。。


すでに露地植えしてますから、もう屋外で越冬させるしか選択肢はありませんので、まだ大丈夫ですが晩秋ぐらいからは日々様子を見て、枯死しないように注意していきたいと思っています。


まっ、夏の間はその元気な生長ぶりを大いに楽しみますけど~♪♪



▼あわせて読みたい関連記事



台湾椿(タイワンツバキ)「ゴードニア/ゴルドニア・アキシラリス」を植え付け



千重咲きが美しいつばき 淡乙女(乙女椿)の植え付け



世界に冠たる幻の椿「玉之浦 / 玉の浦(ヤブツバキ)」を植え付け。長崎県五島列島原産の幻の銘花



ショッキングピンクのサザンカ(タチカン/立寒)が本当にうつくしい - 立ち寒椿の植え付け - ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ



横に這うサザンカ(ハイカン/這寒)の獅子頭 - 這い寒椿の植え付け - ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ



見る人を笑顔にしてくれるハルサザンカ「笑顔(えがお)」を植え付け



20円で買った本: 日本ツバキ協会編 ツバキ、サザンカ(NHK趣味の園芸・人気品種と育て方)





台湾バス旅行: ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE in 台湾


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。