甲子園優勝!熱海温泉に浸かる王貞治と早実の選手たち - 昭和32年/1957年 春のセンバツ

早実  王貞治。甲子園からの帰途、熱海の温泉に浸かる早稲田実業の選手たち。王(右から3番目)の手に巻かれた包帯が痛々しい。
昭和32年(1957年)4月 写真:毎日新聞社



前回、熱海に行った時に、ここ熱海駅前 「仲見世商店街」に王選手がセンバツで優勝して、帰り道の熱海でみんなで温泉に浸かっている写真があったのを覚えていて、今回熱海を訪れたときにいの一番で写真を撮ってきました。


王選手の青春時代です!すばらしい写真だと思います!!


先日、今年の夏の甲子園の西東京大会の組み合わせ抽選会がありました。今年もまた、純粋で一生懸命な球児たちの季節がやってきました。


温泉に浸かっているような明るくて素直な若者がこの国とこの星にどんどん増えていくことを僕は願っています。



王貞治 早実


東京に忽然と現れたスターは、やがて "世界の王"になっていった。その鮮烈なスタートは、第29回大会、エースとして3試合連続完封で決勝に臨むが、左手指の爪は割れていた。それでも血染めのボールを投げ込んで完投し、優勝旗を初めて東京に持ち込んだのだ。写真は甲子園からの帰途、熱海の温泉に浸かる早稲田実業の選手たち。王(右から3番目)の手に巻かれた包帯が痛々しい。4度甲子園の土を踏んだが、優勝はこの時のみ。プロ入り後の活躍については多言を要しないだろう。今や野球人の鑑だ。



修行僧のような巨人軍・王貞治選手

修行僧のような現役時代の王選手



▼あわせて読みたい関連記事


荒川博コーチと王貞治選手の猛特訓

荒川コーチと王選手の猛特訓から生まれた一本足打法
猛特訓する故・荒川博コーチと巨人軍・王貞治選手(日刊スポーツより引用)


早実対日大三 - 18対17の 2017春季東京大会決勝戦

早実対日大三!神宮で見た18対17の決勝戦。清宮2発!
9回裏無死1、3塁 清宮幸太郎、左中間へ 同点3ランホームラン!!!!!


怪物・スーパー1年生 清宮幸太郎が甲子園に登場

怪物・清宮を聖地甲子園で生目撃!準決勝・早実対仙台育英
怪物・スーパー1年生 清宮幸太郎登場(写真中央) 高校野球100年を彩る怪物清宮が僕の目の前にその姿を現わしました!


夏の高校野球 東・西東京大会展望号

2016夏の高校野球 東・西東京大会展望号(週ベ別冊)
"僕が買った" 第98回全国高校野球選手権大会 高校野球 東・西東京大会展望号


"高校野球史上最高の試合(神様が創った試合)" 箕島対星稜のサヨナラのシーン

甲子園歴史館(甲子園球場内)で大興奮!!高校野球の歴史!
昭和54年の "高校野球史上最高の試合(神様が創った試合)" 箕島対星稜のサヨナラのシーンです!


故・津田恒実投手

栄光はただひたむきな若者のために - 炎のストッパー!津田恒美が高校球児に送ったダイイングメッセージ



熱海の温泉まんじゅう(泉屋のうす皮まんじゅう)

熱海駅前の温泉まんじゅう & 熱海港


熱海・来宮神社/來宮神社の大楠(大樟)

樹齢2000年!パワースポット熱海・来宮神社の大楠(大樟)
平成28年(2016年) 3月12日 村内伸弘撮影


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。