入梅!たのしい梅雨入り。 慈雨!ありがたい恵みの雨。

椿「玉の浦」の葉っぱの上の雨の粒
平成29年(2017年) 6月13日 村内伸弘撮影


椿「玉之浦(玉の浦)」

椿 玉之浦 / たまのうら

今年4月5日に撮影した椿「玉の浦」



気象庁によると関東甲信地方が 6月7日頃に梅雨明けしているそうですが、ぶっちゃけ気象庁さんに言われなくても、毎日花や木を眺めに庭に出て空を見て、空気を吸っていれば梅雨になったかどうかはわかります。


官尊民卑の弊がまだまだ日本にはありますよね。梅雨明けなんて気象庁に教えてもらわなくても大丈夫です(笑)


さあ、それでは水玉や雨の粒をぜひお楽しみ下さい(^^)/



台湾椿(タイワンツバキ)「ゴードニア/ゴルドニア・アキシラリス」の葉っぱ

台湾椿(タイワンツバキ)「ゴードニア/ゴルドニア・アキシラリス」の葉っぱの上の雨の粒


台湾椿(タイワンツバキ)「ゴードニア/ゴルドニア・アキシラリス」の葉

台湾椿(タイワンツバキ)「ゴードニア/ゴルドニア・アキシラリス」




ヤマユリの葉っぱの上の雨の粒

ヤマユリの葉っぱの上の雨の粒


ヤマユリの葉っぱ




額紫陽花(ガクアジサイ)の葉っぱの上の雨の粒

額紫陽花(ガクアジサイ)の葉っぱの上の雨の粒


額紫陽花(ガクアジサイ)の葉っぱ



サルスベリ 夏祭り(ペパーミントレース)の葉っぱの上の雨の粒

サルスベリ 夏祭り(ペパーミントレース)の葉っぱの上の雨の粒


サルスベリ 夏祭り(ペパーミントレース)の葉っぱ




禅寺丸柿(ぜんじまるがき)の葉っぱの上の雨の粒

"日本最古の甘柿" 禅寺丸柿(ぜんじまるがき)の葉っぱの上の雨の粒


禅寺丸柿(ぜんじまるがき)の葉っぱ

大地をうるおして草木を生育させる恵みの雨です。育て禅寺丸(ぜんじまる)!!

▼僕が撮った禅寺丸の古木の写真

樹齢450年の若葉!王禅寺の禅寺丸柿の原木 柿の新緑が目に眩しい 東国の高野山「王禅寺(柿寺)」 





ヤマユリの葉っぱの上の雨の粒

ヤマユリの葉っぱの上の雨の粒


ヤマユリの葉っぱ

ヤマユリの葉



入梅がなんでたのしいのか?
慈雨?なんで雨がありがたいのか?


わかりますか?みなさん!


カンタンにわかりますよ、この答え。



植物たちの身になってみて下さい。
花や樹木の立場になって考えてみてください。


PS
毎朝、みずやりをしなくてすむ僕の身にもなってみてください(笑)



▼あわせて読みたい関連記事


サトイモ(里芋)の葉っぱの上の雨の粒

サトイモ(里芋)の葉っぱの上の雨の粒
一番大きい水玉を僕は「ミセス・レインドロップ」と名付けました。
透明で柔らかくって、なんとなく、貴婦人のような気品があったからです。
雨の日でもこんな出会いがあるから楽しいですね。


テッポウユリの上の雨の粒

テッポウユリの上の雨の粒


雫(しずく)と緑のすばらしい競演♪♪

植物たちが一斉に輝き出す素晴らしい季節!
透明な雫(しずく)と緑のすばらしい競演♪♪


花火のような雨

台風16号 - 花火のような雨、線香花火のような雨。


母娘遍路像 - 国立ハンセン病資料館(東京都東村山市全生園内)

母娘遍路像 - 国立ハンセン病資料館(東村山市全生園内)
「母娘遍路像」の娘さんが泣いていました。娘さんの目から涙の粒がこぼれ落ちていました。撮影後、僕は涙を拭いてあげました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。